たとえばこんな過ごし方
トップページ空室・予約客室吉祥の湯ガーデンラウンジタイ古式マッサージ・バンクンメイその他ご案内アクセス
1st Day 夫婦で過ごす女性同士で過ごすカップルで過ごす家族で過ごすグループで過ごす
1日目 12:00 今度どこいく?
JR丸亀駅に到着〜昼食

高校時代からの友達の真由美と美咲との久しぶりの女三人の旅。

「たまには温泉に入ってゆっくり話したいね」
「エステもはずせないよねー」

なんていいながら最新号のSAVVYを読んでいたら香川県の旅が何だか楽しそう。最近香川はアートが集まる地域として雑誌でもよく話題になっている。

歴史ある老舗が最近リニューアルして話題になっているらしく、露天風呂やお庭も素敵で、タイマッサージがなかなか気持ち良さそう。さっそくインターネット調べて、3人で旅行のプランニングをしました。

アートの夢先案内[夢巡り読本]
JR丸亀駅・骨付鳥”一鶴”今回は電車での旅にしました。新大阪から新幹線と特急を使えば2時間かからないなんて、以外と近かったんだね。

荷物は宅急便の往復便サービスを使って宿に直送しているので、ほぼ手ぶらの楽チン旅です。イエイ。初日は丸亀市にある「猪熊弦一郎現代美術館」へお邪魔することに。

と、その前に女子三人集まれば、グルメ!ということで、駅からすぐ近くの「一鶴(いっかく)」でランチにしました。香川で最近新しい名物になっているという、骨付鳥を食べさせてくれるお店だ。

せっかくなので、おやどりと、ひなどりをどちらも注文。待つこと暫し。肉汁たっぷりのお肉が運ばれて来ました!スパイスが効いた、ひなどりの柔らかいお肉、おやどりの食べ応えのある身。堪能したー♪

骨付鶏 一鶴
1日目 13:00 猪熊弦一郎現代美術館&カフェレストMIMOCA
猪熊弦一郎現代美術館&カフェレストMIMOCA

JR丸亀駅からすぐそば!「一鶴」からも徒歩1、2分の場所にある猪熊弦一郎現代美術館へ。中学・高校と美術部、専門学校を経て今はデザイナーとして活躍!?している美咲のリクエストだ。

丸亀市で幼少を過ごした世界的な洋画家・猪熊弦一郎氏の「街の教会のように、いつも人々の憩いの場、ふれあいの場となると同時に精神的な安らぎを感じられる場であり続けたいという」思いが詰まった、地域密着型の美術館だ。

猪熊氏の独特の世界観に圧倒されながら、あっという間に時間が過ぎていきました。沢山の作品の中で私がすごい!と思ったのは、正面玄関のあの落書きのような線描き。そのいさぎよさに拍手を贈りたい。

鑑賞のあとは、館内に併設されているカフェレストMIMOCAで一休み。美術館内のカフェということで、とてもおしゃれな内装だ。テーブルや椅子などの家具もセンスが良いものが使われていた。結構高いものなんじゃないかな?

猪熊弦一郎現代美術館&カフェレストMIMOCA
1日目 15:08 快速サンポート
JR丸亀駅出発−琴平へ

15:08発の快速に乗り込みいざ!琴平へ。

「あ、琴平花壇さんですか?15:29にJR琴平駅につきますので、迎えの車を宜しくお願いします!」

隣で今回の幹事役の真由美が宿に迎えのお願いの電話をしている。昔っからほんとしっかり者だったよなぁ(私と違って)。学生時代には色々とお世話になりました…。

昔話をしながら車内で楽しく過ごしているとあっという間に琴平駅に到着。3人そろった私たちにとって20分なんてまさに一瞬だった。駅を出ると琴平花壇のロゴが入った送迎車がすでにスタンバっている。さあ、今夜のお宿だ。
1日目 15:35 離れ
チェックイン

予約する時にどの部屋にするか3人バラバラでお互い譲らなかったけど、これは私がどうしても泊まりたかった離れに決定。リニューアルされた新しいお部屋も気になったけど、伝統的な日本の木造建築に憧れてたんです。

結果、大正解!(私だけ?)とても広々としたお部屋で縁側に座りながら庭も見渡せて、良い香りがして気持ちよかったです。裏の森から聞こえてくる小鳥の声も離れの雰囲気とマッチして、感激!モノでした。
1日目 16:00 吉祥の湯
吉祥の湯&タイ古式マッサージ

お部屋での休憩もほどほどに、さっそく展望浴場へ。

露天風呂は、風がそよぐと竹の葉が奏でるさらさらという音がして、お湯も爽快だったー(^^)v シャンプーや洗顔なども品揃え豊富で感動!こういうのがポイント高かったりするんだよね、女子にとっては。湯上りラウンジのお茶サービスも嬉しかったデス。

そしていよいよ楽しみにしていたバンクンメイへ。
予約の時にお宿の方に相談したら、人気があって週末は特に予約が取りにくいということで、それなら先におさえておこうと、こちらも真由美が先に予約を入れておいてくれました。タイ古式マッサージ最初アロマしか考えてなかったんだけど、ホームページを読んでいるうちに、いつのまにかタイ古式マッサージに魅せられてたの。

本格マッサージは初めてで、イタくないか内心は少しびびってたけど、本当に気持ちよかったー!術後にロビーでハーブティーを頂いたけど、3人とも暫く放心状態でした(^^;

ただでさえスローな時間が流れるこんぴらさんだけれど、バンクンメイは本当に別世界のようでした。
1日目 19:30 お食事イメージ
おまちかねの晩御飯

離れのお部屋は、お部屋食とダイニング食が選べるということで、折角なのでお部屋で頂くことにしました。料理を運んでくれた仲居さんに聞くと、琴平花壇は料亭メインの宿だったということで、だれもが知っているかつての文豪も琴平参拝の夜には花壇の離れで宴会に興じたそう。そんな昔に想い馳せながら、美味しい料理に舌鼓を打つ。う〜ん、これぞ至福のひと時。
1日目 2130
2次会

食後はお約束のカラオケルームを2時間予約。
学生時代はみんなでよく行ったよねー。ナツメロのオンパレードでした。
1日目 24:00 おやすみなさい…?
就寝

カラオケでストレスも発散できたし、さあ明日のこんぴらさんに備えて早めに寝ようか?

というつもりが、やっぱり昔話や近況の話に盛り上がって、結局寝付いたのは夜中の2時を過ぎてたかな?こんなことを気兼ねなく出来るのも、離れのお部屋ならでは、だよね。
2nd Day
2日目 7:30
起床・朝食

朝風呂に入るつもりが夜更かしをしてしまったので、起きたのは朝食の予約時間もせまる7:30。
みんな眠い目を擦りながらの朝食となってしまいました…。

でも今から金毘羅さんの階段を上るからしっかり食べておかないと。
2日目 9:30 こんぴらさん
チェックアウト・こんぴらさん参拝

宅急便の往復サービスをつかっているから帰りも手ぶらでチェックアウト♪実はこの手配をしてくれたのも真由美。段取り良すぎだ。

初めてのこんぴらさんは、想像していたよりも立派でした。表参道には昭和を感じさせるレトロなお店が沢山あって、結構楽しめた。

785段も昇れるかな?と心配してたけど、あきさせない造りになっているのか、途中いろいろと寄り道しながら登ってたら意外とすんなりと御本宮へ到着。でも最後の急な階段にはさすがに息が切れたけどね。

御本宮でお参りをすませて、途中で書院(こちらも歴史ある造りの建築美が素敵だったぁ)や宝物館の見学をして再び参道口へ。
2日目 13:00 うどんタクシー
うどんタクシー

香川に着たらやっぱり讃岐うどん巡り。

どうやら香川には「うどんタクシー」なるものがあるらしいと、うどん好きの友だちに聞いていた私達は事前にリサーチして琴平バスが出している「うどんタクシー」を予約しておいた。

私たちが選んだのは、しょうゆうどんを注文すると、大根を持ってきてくれて自分ですりおろすスタイルが人気の「小縣家」と、釜あげうどんが有名な「長田うどん」の2軒に連れて行ってくれる「スペシャルコース60分」。

半分に切った大根と卸金をどん!と置かれた時にはさすがに身構えたけど、うどんを待ってる間に大根をするのもけっこう楽しかったかな。私は調子に乗ってすりすぎてカライうどんになってしまったけど。。。
でもどちらの店も最高に美味しかったぁ。道中、色々と説明してくれたり、私たちの話につきあってくれたドライバーのおじさん、どうもお世話になりました。

琴平バス”うどんタクシー”
2日目 14:47 特急”南風”
帰路へ

JR琴平駅を14:47に出発の特急南風に乗り帰路へ。途中岡山で新幹線に乗り換えて大阪へ着いたのは16:30頃でした。
美味しいものも沢山食べたし、美術館やこんぴらさん、タイマッサージも気持ちよかったし。大阪から2時間かからないなら、今度は美術館めぐりをメインに行ってみてもいいかな?その時はまたよろしくね、おふたりさん!
こんぴら温泉郷の宿「琴平花壇」 〒766-0001香川県仲多度郡琴平町1241-5 TEL:0877-75-3232 FAX:0877-75-3235