メールマガジンバックナンバー
トップページ 空室・予約客室吉祥の湯ガーデンラウンジタイ古式マッサージ・バンクンメイその他ご案内アクセス

日付一覧

2009/01/31 18:15:43
  • 琴平花壇 members 通信 " さぬきだより "vol.13

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
   四季薫る庭園の宿・こんぴら温泉郷「琴平花壇」

       ★members通信"さぬきだより"★
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

メンバーの皆様、こんにちは。
琴平花壇担当の木田でございます。
地元ならではのおいしい食べ物が多いNo1は香川県!
そんな記事を先日、目にしました。ある宿泊旅行動向調査の結果で、
「地元ならではのおいしい食べ物が多い」都道府県ランキングで、
香川県が全国第1位に選ばれたそうです。
やはりその代表は“さぬきうどん”!恐るべきうどんパワーですね。
さぬきうどんは現在では、日本に留まらず海外、韓国、ロシアなど
でも人気上昇中だそうです。
これだけ、人気が出て全国に各地に「さぬきうどん」の店も数多く
できいますが、やはり本場、讃岐に来て食するのはまた、格別な味
と空気を体感できると思います。
是非、本場のうどんを食べに香川へお越し下さい。

━<INDEX>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■トピックス

1)ポストさぬきうどん!香川の新名物「骨付き鳥」

2)香川のアートを巡る旅・第5回「高松市美術館」

3)珠玉のシーフード“タイラギ”と幻のお店

4)瀬戸の海はおかあさん、「名物かまど」

■編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■トピックス

1)ポストさぬきうどん!香川の新名物「骨付き鳥」

「地元ならではのおいしい食べ物が多い」都道府県ランキング1位
になった香川県で、「ポストさぬきうどん」として地元で人気の食べ
物があります。
それは、鶏の骨付きもも肉を丸ごと1本じっくりと焼き上げた「骨
付鳥」です。
今や「讃岐うどん」に次ぐ香川のネオご当地グルメとして地元では
人気です。
一番古いお店が開業したのは、今から半世紀ほど前と言われていま
す。創業者夫妻が外国映画で大きな骨付きの鳥足にかぶりつくシー
ンを見て、あんなご馳走を多くの人に提供したいと思ったのが最初
だそうです。
そして、その味が徐々に認められ評判を呼んで、メニューにとり入
れる店が増えて行き、現在のような人気の食べ物になってきました。
また、香川県には「讃岐三畜」として有名な「讃岐コーチン」を生
み出すなど全国でも有数の養鶏地だったことも人気を後押しした要
因と言われています。
讃岐コーチンは、中国原産の「コーチン」に讃岐地鶏を掛け合わせ
て、平成5年に誕生した銘柄鶏。適度な歯応えを持つ肉は旨み満点!
一般のブロイラーの飼育期間が2カ月であるのに対して、3カ月ほ
どかけてじっくり育てることも美味しさのヒミツと言われています。
骨付き鳥は焼きたてを食べるのが身上なので、注文をしてからしば
らくは待つことになりますが。それまでは、鳥皮、鳥酢、鳥せんべ
い、鳥刺しなど鳥メニューで我慢を。
そして、やわらかくジューシーな”ひなどり”と、独特な歯ごたえ
で噛みしめるたびにうまみが広がる”おやどり”をビール片手にア
ツアツにかぶりつく!!
サイドメニューでおにぎりやキャベツを頼んで、お皿にあふれでる
肉汁をたっぷりとつけて食べるのが通の食べ方です。
骨付鳥専門店もあり、骨付鳥をメニューとして出すお店は、県内に
は80軒以上あります。
香川にお越しの際は是非、「骨付き鳥」を食べてみて下さい。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

2)香川のアートを巡る旅・第5回「高松市美術館」

香川のアートを巡る旅・第5回目の今回は1949年に戦後初の公立美
術館として発足し、1988年には市内の中心部に移転した都市型美術
館「高松市美術館」をご紹介させて頂きます。
美術館は高松市の中心部にあり、昭和63年に新築された建物1階の
エントランスホールは高さ10mから自然光が降り注ぎ、彫刻展示も
行われ、常設展示室や市民ギャラリーともつながり美術館の中心と
なっています。
「戦後日本の現代美術」「20世紀以降の世界の美術」「香川の美術」
の3つのテーマに沿って収集された美術作品の中からテーマ毎に常
設展示が行われると共に企画展も行う、高松市における芸術文化の
情報発信地です。
収蔵作品は約1,300点にもおよび、山口長男、斉藤善重、吉原治良
ら日本の戦後現代美術を語るに欠かせない作家の代表的な作品がも
れなく収集されています。
漆芸でも、玉楮象谷をはじめ人間国宝の磯井如眞、音丸耕堂などの
作品や近代工芸の黎明期を創った大須賀喬、鴨幸太郎らの作品が集
められています。
展示だけでなく、講演会や小中学生を対象としたアートプログラム
なども行われていて地元の人にも喜ばれています。
作品鑑賞の後は1階エントランスにある「カフェ・ド・グランパン」
のシックで落ちつた雰囲気の空間で、ゆったりと余韻に浸るのもお
勧めです。
余談ですが、美術館の隣に、創業60年の「かな泉」というさぬきど
んの店があるのですが、セルフ方式で、茹でたての安くておいしい
うどん食べられるので、美術館を訪れた際にはお立ち寄り下さい。

【高松市美術館】
住所:高松市紺屋町10-4
電話:087-823-1711
開館時間:火〜金曜日9:30-19:00
     土・日・祝9:30-17:00
休館日:月曜日(祝日の場合は翌日)、12/29-1/3
入場料:一般200円
    高校生・大学生150円
    中学生以下無料
    ※企画展は個別設定

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

2)珠玉のシーフード“タイラギ” と幻のお店

香川で貝柱といえば、ホタテではなくタイラギのこと言います。
三角形の大きな貝殻を開くと、つやのある大粒の貝柱が出てきます。
ぷりぷりした歯ごたえと上品な甘みは絶品です。
海底で縦に潜っている姿から「タチガイ」、平たい形から「タイラガ
イ」とも呼ばれ潮の流れが速い砂地や泥地の斜面を好み、海底に潜
り込んでいてほとんど姿を見せません。漁法は潜水服を着た漁師が
手かぎなどの道具を使って一つ一つ採る昔ながらの方法です。水温
が下がる1月ごろから身が締まって旬を迎えます。
香川では、この「タイラギ」を「讃岐三畜」に続く地元の味とて広
めようとPR活動も進めています。
地元で有名なお店で「海鮮市場 あまん処」があるのですが、幻の
お店と言われ、営業期間は1月から4月。12月の予約開始と同時に
予約で一杯になる人気のお店です。
ご主人が潜って捕って来た、たいらぎ貝の貝柱を奥さんが料理して
出すと言う食べ物商売の原点みたいなお店で、完全予約制で休漁日
は予約もとらず、のれんもかかっていません。
コース料理はボリューム満点の刺身から始まり、軽く塩をふって炭
火の網焼き、天ぷらなどと続きます。
特にお薦めは炭火の網焼き。表面をさっとあぶって半生で楽しむほ
か、こんがり焼いてうまみが凝縮されたものをかみしめるか、半セ
ルフのお店なので、自分で好みの焼具合で食べる事が出来るのが嬉
しいです。
ただ、紹介をしながら、申し訳ないのですが今年の営業期間内は、
ほとんど予約で満席。興味をもたれた方は、来年の予約を目指すし
かないのです。まさに幻のお店なのです。

【海鮮市場 あまん処】
場所:高松市庵治町(庵治半島の北東側)
電話:087-871-3519
料金:3,300円〜3,700円
※変更になる場合がございますので、ご予約の際にお確かめ下さい

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

4)瀬戸の海はおかあさん、「名物かまど」

スイーツブームのなか、自然素材を生かした昔ながらのほんのりと
した和の甘さが、多くの人に愛されている香川、坂出の銘菓「名物
かまど」をご存知ですか?
かつて製塩より栄えた坂出の塩を焼く"かまど"にちなんで、その形
を模しています。"かまど"をかたどって、シンプルな形にして、わ
ずかなくぼみで表現しています。そして、くぼみを口に見立てて、
かまどが歌うという中西圭三さん作曲のCMソングとキャラクター
の「かまどちゃん」でも有名です。
♪かーまーどーかーまーどー
瀬戸の海はおかーあさん
讃岐の山はおとーうさん♪
と香川や岡山の人なら誰も歌えるCMソングです。
残念ながら関西(と言っても淡路島ですが)の出身の私は知らなか
ったのですが。関西で言えば“食いだおれ”の歌ですかね。
和風とも、洋風とも、ちょっと違う、黄身あんのお菓子で、素材に
も拘り、まろやかな黄味あんは、北海道の大手亡豆(おおてぼうま
め)の中でも、特によりすぐった美しい豆を使っています。
包み紙をはじめとするパッケージデザインも香川県出身の画家・和
田邦坊画伯によるものです。
直営店に喫茶コーナーを設けて、作りたてを味わうことも出来ます。
キヨスクなどでも販売をされているので、讃岐にお越しいただいた
お土産にどうですか?
【名物かまど 琴平店】
住所:〒766-0001仲多度郡琴平町700-2
電話:0877-73-3005
営業時間 9:00〜18:00

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■編集後記

先日、珍しく琴平にも雪が降り、しかも二日続けて!
特に1月25日の朝には、庭園が完全に雪化粧となりました。琴平に
雪が降るのは一冬でも数えるほどで、積もることは滅多にありませ
ん。あまり見ることのない庭園の雪化粧は新鮮で、これは是非、写
真にと若女将も写真に撮っていました。写真はブログに公開してい
ますので是非、一度ご覧下さい。
☆若女将のブログ☆
http://www.kotohira-kadan.jp/blog/sb.cgi?cid=0
残念ながら雪はすぐに溶け無くなりましたが。今年、最初で最後の
雪化粧だったかもしれませんね。

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜

※最後まで読んで頂きまして誠にありがとうございました。
※配信停止をご希望の場合は大変恐れ入りますがそのままご返信
くださいませ。

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜

編集:ホテルニューアワジグループインターネット予約センター
編集担当:木田清文
発行:株式会社ホテルニューアワジ
〒656−0023 兵庫県洲本市古江海岸
TEL:0799−23−2200
FAX:0799−23−1200

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜

こんぴら温泉郷の宿「琴平花壇」 〒766-0001香川県仲多度郡琴平町1241-5 TEL:0877-75-3232 FAX:0877-75-3235
Mailmagazine system : powered by メール配信CGI acmailer