メールマガジンバックナンバー
トップページ 空室・予約客室吉祥の湯ガーデンラウンジタイ古式マッサージ・バンクンメイその他ご案内アクセス

日付一覧

2009/07/31 18:28:28
  • 琴平花壇 members 通信 " さぬきだより "vol.19

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
   四季薫る庭園の宿・こんぴら温泉郷「琴平花壇」

       ★members通信"さぬきだより"★
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

メンバーの皆様、こんにちは。
琴平花壇担当の木田でございます。
最近の大きなニュースと言えば7月22日には46年ぶりの皆既日食
がありましたが、みなさんのお住まいの地域ではどうでしたか?
香川県はあいにくの曇り空とはなりましたが各地で観測会が開か
れていました。
「高校野球の試合の途中に雲の合間から見えていた太陽が欠け
始め、スタンドから試合に関係なく大きな歓声が上がり、野球場
全体が薄暗くなりました。」と「ニュース」で見ました。
前日まで、仕事の終わるのが遅い日が続き、この日は午後からの
勤務だったせいもあり、起きたのは皆既日食が終わった後でした。
46年ぶりの神秘な現象も睡魔には勝てず、体験する事ができません
でした。
次回の皆既日食は是非、ニュースでは無く実際に体験をしたいと
思うのですが、次に皆既日食が日本に来るのは2035年9月2日。
しかも「中部・関東の一部」、ちょっと見るのは難しそうです。

━<INDEX>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■トピックス

1)リニューアル1周年記念特別プランのご案内

2)日本の夕陽百選に選ばれた夕陽〜屋島ゆうやけいフェスタ〜

3)イルカと触れ合う透明なボート

4)昔ながらの和のスイーツを〜八十場(やそば)名物・清水屋〜

■編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■トピックス

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
1)リニューアル1周年記念特別プランのご案内
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

早いものでグランドリニューアルオープンから1年を迎えようとし
ています。
昨年のリニューアル工事は、創業400年の歴史を糧に新たな歩み始
めるために大変大がかりな改装工事となりました。
かつて、客室の全て離れ屋だった頃を物語る数奇屋造りの「離れ」
はそのままに、大浴場のリニューアルに展望露天風呂の新設、露天
風呂付客室の設置に始まり、離れのスパ「タイ古式マッサージ・
バンクンメイ」、松月テラスの「ガーデンラウンジ」のオープンと
古き良き時代の香りに新しい息吹が取り入れられて新生琴平花壇が
誕生しました。
そしてリニューアルオープンから1年を記念して、夏休みに1周年
の特別プランを発売させていただく事になりました。
期間はお盆の期間の8月13日から15日の本当に短い期間ではあり
ますが、花壇の象徴でもある「離れ」やリニューアルによって生ま
れた「露天風呂付客室」、リニューアルされた富士見台棟の「リニュ
ーアル和室」を組数限定、特別料金でご宿泊頂けます。
規定のお部屋数に達した場合には受付を終了させて頂きますので、
お盆のご予定が未だの人は今すぐお申し込みを!

《【リニューアル1周年記念】お盆限定特別プラン》
 ↓    ↓    ↓    ↓    ↓
http://www.tenawan.ne.jp/lodgment/rec/007/025/pl.asp?G83

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
2)日本の夕陽百選に選ばれた夕陽〜屋島ゆうやけいフェスタ〜
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

高松市の屋島山頂では9月5日までの夏の間、「夕焼け」や「夜景」
を楽しむ「屋島ゆうやけいフェスタ」が開かれます。
屋島は瀬戸内海国立公園にある半島形熔岩台地で山頂が平坦で屋根
に形が似ているところから「屋島」と呼ばれ、山上の展望台からは
瀬戸内海を行き交う船舶や、讃岐平野が一望でき、壇の浦の古戦場
も眼下に見ることが出来ます。
この屋島山頂から眺める女木島(めぎじま)の向こうの水平線へ
沈む夕陽は「日本の夕陽百選」に選ばれるほど美しい風景です。
ちなみに「女木島」はあの桃太郎が鬼征伐に来たと伝えられ、通称
「鬼ケ島」と呼ばれ、島内には、桃太郎伝説を裏付けるように、
人工的(鬼が作った?)と思われる洞窟があります。
話がそれましたが、「屋島ゆうやけいフェスタ」はその百選にも選
ばれた美しい夕陽をもっと知ってもらおうと2003年から毎年続け
られていて、期間中の毎週末にはビアレストランもオープンし美しい
夕陽や夜景を眺めながらおしいビールや食事を愉しめます。
山頂の涼しい風に吹かれて一気に飲み干すビールは最高です。

《屋島ゆうやけいフェスタ》
日時 平成20年7月17日(金)〜9月5日(土) 毎週/金・土曜日
     時間 18:00〜21:00
問合せ先
源平屋島地域運営協議会:TEL087-839-2416
れいがん茶屋:TEL087-841-9636
食事処屋島の宿桃太郎:TEL087-841-9464
屋島イベント情報:
http://www2.neweb.ne.jp/wd/yashima/y-ibentojoho.htm

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
3)イルカと触れ合う透明なボート
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「屋島ゆうやけいフェスタ」の行われている屋島の話題をもう一つ。
山頂にある「新屋島水族館」のアイドル、バンドウイルカの新プー
ルが完成をしました。
今までは2槽のプールで4頭のイルカを飼育していたのですが、新
たらしいプールは今までの2槽を合わせたよりも大きく側面も透明
のパネルがあり、水中を豪快に泳ぐイルカを見ることが出来るので
きっと子供に喜ばれると思います。
そして、もう一つの話題が新プール内を遊覧するアクリル板で出来
た「透明ボート」です。
10人乗りで一枚のアクリル板を成形した無色透明のボートです。
動力が無く、係員がロープで引いて動かすのでイルカがボートの周
りを泳いだり、直ぐ近くまで来てイルカに触れる事が出来ます。
私もニュースで見たのですが、船底も透明なので自分の直ぐ下を
イルカが泳ぎ、手を出せばイルカに触る事も出来そうです。
これは、子供に人気が出ること間違い無しです。
このボートは水族館を運営する会社の親会社「日プラ株式会社」が
製作をしました。
この会社は香川県に本社がある世界的なアクリルパネルのメーカで
「海遊館」や「沖縄美ら海水族館」をはじめとする全国の水族館の
水槽を製作している会社です。
だから、この透明名ボートを作る事が出来たのです。
まさに匠の技ですね。
同社が新屋島水族館の経営を引き継いだのも同社最初の納品先が
旧屋島水族館で事業の原点になるからです。
だかから「新屋島水族館」には特に思い入れがあるようです。
「透明ボート」は8月1日から乗れるようになるので、夏休みに
是非、お子様を連れてイルカを触りに新屋島水族館へ!

《新屋島水族館》
住所 香川県高松市屋島東町1785-1
TEL 087-841-2678
URL  http://www.new-yashima-aq.com/top/top.html
開館時間 9時〜17時
休館日 なし
入館料 大人1200円、中高校生700円、小学生(3歳以上)500円、
65歳以上700円

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
4)昔ながらの和のスイーツを〜八十場(やそば)名物・清水屋〜
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

夏を迎えるとあっさりした、喉越しの良いものが欲しくなりますが、
香川には200年以上も続く「ところてん」の専門店「清水屋」が
あります。
場所は坂出市の四国霊場79番札所天皇寺の近くなりますので、西国
巡礼の方も良く立ち寄られています。
江戸時代より営業をしていて昔ながらの製法を頑なに守り続けてい
る香川では結構有名なお店です。
最近の「ところてん」は粉末寒天を使って作られているのが多いの
ですが、清水屋さんでは厳選された天然の天草を使用しています。
それが、昔と変わらないツルツルとした喉こしとほのかな磯の香り
のする「ところてん」を作り出しています。
自分で醤油と酢を足すことが出来る特産の酢醤油をかけて食べる
喉越しのよさは一度食べると忘れる事が出来ません。
オススメは定番の酢醤油で食べる「ところてん」ですが、疲れて甘
い物が欲しい時にはきな粉と黒蜜をかけた「くずもち風ところてん」
がオススメです。
しかも値段は定番のところてんで「小皿250円〜」と、とっても財
布にやさしい値段です。
そして何より清水屋さんの店の雰囲気が他では味わうことの出来な
い味を出しています。
八十場の泉のほとりにあり、お店と言うより「茶屋」と言った方が
ピッタリなお店です。
夏の暑い日に泉の周りの木陰で自然の風で涼を取りながら食べる
「ところてん」は他では味わえない風情があります。
現在では香川県内のスーパーでも販売もされていますし、通信販売
も行われているので気軽に食べる事ができますが、やはり一度は
お店に足を運んで江戸時代から続くお店の雰囲気を感じながら食べ
て欲しいですね。

《清水屋》

所在地 〒762-0021
香川県坂出市西庄町759-1
TEL 0877-46-1505
URL http://www.yasoba.com/index.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■編集後記

今、全国各地で夏の甲子園の予選が行われていますが、我が母校も
ベスト8まで進んだのですが、残念ながら準々決勝で敗退しました。
昨年は決勝戦敗退と最近はいい所まで進むのですが、なかなか甲子
園は遠いです。
最近の野球は「松阪世代」や「ハンカチ王子世代」と言われますが、
私は昨年、引退した「桑田、清原」の「KK世代」でした。
桑田、清原登場の前年には徳島の蔦監督の率いる池田高校が「やま
びこ打線」として一大旋風を起こしました。
その頃に高校野球で活躍した選手がプロ野球に入って私の野球好き
も始まったように思います。
野球好きの私のとっては母校が甲子園出場の可能性ある所まで勝ち
進む事は、やはり嬉しいですね。
来年こそは、母校が甲子園に出場して応援に行きたいですね。
しかし、夏の忙しい最中に休み取れるか、それが一番の問題かも…

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜

※最後まで読んで頂きまして誠にありがとうございました。
※配信停止をご希望の場合は大変恐れ入りますがそのままご返信
くださいませ。

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜

編集:ホテルニューアワジグループインターネット予約センター
編集担当:琴平花壇予約窓口 木田清文
発行:株式会社 花壇
〒766-0001 香川県仲多度郡琴平町1241-5
TEL:0877-75-3232
FAX:0877-75-3235
琴平花壇ホームページ:http://www.kotohira-kadan.jp/

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜

こんぴら温泉郷の宿「琴平花壇」 〒766-0001香川県仲多度郡琴平町1241-5 TEL:0877-75-3232 FAX:0877-75-3235
Mailmagazine system : powered by メール配信CGI acmailer