メールマガジンバックナンバー
トップページ 空室・予約客室吉祥の湯ガーデンラウンジタイ古式マッサージ・バンクンメイその他ご案内アクセス

日付一覧

2009/08/31 18:30:18
  • 琴平花壇 members 通信 " さぬきだより "vol.20

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
   四季薫る庭園の宿・こんぴら温泉郷「琴平花壇」

       ★members通信"さぬきだより"★
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

メンバーの皆様、こんにちは。
琴平花壇担当の木田でございます。
先日、少し遅めの夏休みを頂いて家族旅行に行ってきました。
子供が午前中、登校日だったせいもあり、近場の遊園地に併設され
たホテルに泊まったのですが、夏休みの後半のお盆も過ぎた平日な
ので、すいていると思っていたのですが、意外にも当日は満室。
ホテルに勤める私にとっては、この時期に満室になっているは少し
驚きでした。
やはり夏休みが分散し、混み合う日程を避けて旅行に行く人が増え
ているのを実感しました。
お昼過ぎにホテルに到着して、直ぐに遊園地に直行。
アトラクションやプールと子供達に振り回された2日間でした。
その中で、私も妻も「もう勘弁して!」と逃げたのが“コーヒー
カップ”です。
どちらかと言うと、メルヘンチックなイメージの乗物です。
それが一緒に乗った子供たちが勢いよくグルグルと回すので、私も
妻も気分が悪くなり、「車酔い」「船酔い」状態。
その様子が子供達にとっては面白くて余計に勢いよく回す、悪循環
でギブアップ。
途中からは子供たちだけで乗せていました。私も妻もしばらくは
気分が悪く、ベンチに座って動けない状態でした。
もう二度とコーヒーカップに乗るのは止めよと心に誓いました。
皆さんも、コーヒーカップに乗ることがあれば注意して下さい。
ある意味ジェットコースターより怖いですよ。

━<INDEX>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ トピックス

1)現代アートと銭湯の融合?
直島銭湯「I※湯(アイラブユ)」がオープン!
※はハートマーク

2)瀬戸大橋オータムイベント2009 in 与島

3)こんぴらさんの新しいお土産

4)ホテルニューアワジ新客室「ヴィラ“海の庭”楽園」が
  10月オープン!

■編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ トピックス

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
1)現代アートと銭湯の融合?
  直島銭湯「I※湯(アイラブユ)」がオープン!
  ※はハートマーク
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

7月26日に地中美術館を運営する直島福武美術館財団によるアート
プロジェクトの一環として直島銭湯「I※湯(アイラブユ)」が
オープンしました。
デザインは愛媛在住の画家の大竹伸朗さん、設計は大阪が拠点の
クリエイティブ集団「graf」が担当し、現代アートを気軽に
楽しめる島民の憩いの場として営業を始めました。
大竹さんは1982年に画家としてデビュー。
船の部品やガラクタ、写真などさまざまな素材をコラージュした
作品が特徴です。
外観、内装はもちろん、浴槽、什器、備品やアートグッズに至る
まで、大竹さんの世界を文字通り全身で体感できるという、従来に
はないまったく新しい作品として、海外メディアからも注目されて
います。
銭湯の外観は船の部品やインドネシア製のタイルなどを使った色鮮
やかなコラージュで、直島の住民から譲り受けた船のスクリューや
網のほか、大竹さんの活動拠点となっている宇和島の船の部品も
利用されています。
内部にも大竹さんが北海道の秘宝館(?)で見つけたアフリカゾウ
の置物を展示、浴槽の底も浮世絵の写真などのコラージュ作品に
なっています。銭湯に入ってから出るまで大竹さんの個性豊かな
世界を堪能できます。
私も写真で見たのですが、今までの“銭湯”のイメージとは全く違
う外観で、まさに現代アートと言った感じで、その建物が銭湯だと
は予備知識が無ければ想像できません。
直島宮ノ浦港からすぐというアクセスの良さ、ロッカーやジューク
ボックス、牛乳スタンドなどの設備も整っているので、地元の人の
憩いの場として、また、来島者と島民の新たな交流の場として期待
されています。

コラージュ:現代絵画の技法の1つで、フランス語の「糊付け」を
意味する言葉で主に新聞、布きれなどや針金、ビーズなどの絵具以
外の物を色々と組み合わせて画面に貼り付ける事により特殊効果を
生み出す事が出来る技法。

◆直島銭湯「I※湯(アイラブユ)」
 香川県香川郡直島町2252-2
 電話:087-892-2626
 営業:平日/14:00〜21:00 土日祝/10:00〜21:00
 休業日:月休(祝日の場合は翌日)、年末年始
 料金:¥500(直島島民:¥300、15歳以下:¥200)
 URL:http://www.naoshimasento.jp/

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
2)瀬戸大橋オータムイベント2009 in 与島
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

瀬戸大橋では秋のイベントとして「与島・本島ウォーク&クルーズ」
と「瀬戸大橋スカイツアー」が開催されます。
「与島・本島ウォーク&クルーズ」は瀬戸大橋から車で降りること
ができる唯一の島・与島の散策と塩飽水軍の島・本島の塩飽勤番所
や笠島集落の見学、予島、本島間のクルーズをご家族でのんびりと
楽しんで頂けるイベントです。
「瀬戸大橋スカイツアー」は春にも行われて非常に好評だったツア
ーで、普段は一般の人が入る事が出来ない北備讃瀬戸大橋の塔頂に
登る事が出来ます。
海面から175mの塔頂から眺める瀬戸内海の雄大なパノラマ風景は
まさに絶景です。春のツアーでは天気が良く遠くに讃岐冨士を見る
事が出来ました。
どちらのイベントも応募者が多数の場合は抽選になります。
ちなみに「瀬戸大橋スカイツアー」は各予定日とも8月21日現在で
倍率が2倍以上になっている非常に人気のツアーです。

《与島・本島ウォーク&クルーズ》
・事前公募:240名(各コース60名、応募多数の場合抽選)
・参加費:大人500円、中学生以下300円
・日時:10月4日(日)
(A) 9:00〜14:00 (B) 9:30〜14:30
(C)10:00〜15:00 (D)10:30〜15:30
・問合せ先:香川県政策部交通政策課 TEL 087-832-3134
      岡山県土木部監理課 TEL 086-226-7459
      ・応募方法:往復はがきで上記宛にお申し込み
・締め切り:平成21年9月10日(木)必着
・詳しくは下記をご覧下さい。
http://www.pref.kagawa.jp/kotsu/seto-ohashi/walkcruise.pdf

《瀬戸大橋スカイツアー》
・事前公募:600名(1日150名)(応募多数の場合抽選)
・参加費:500円
・開催日:10月17日(土) 10月18日(日)
     10月24日(土) 10月25日(日)
・問合せ先:本州四国連絡高速道路(株)
      岡山管理センター(代表)086-483-1100
・応募方法:官製はがき、インターネット
・締め切り:平成21年9月10日(木)
・詳しくは下記をご覧下さい。
http://www.jb-honshi.co.jp/seto-ohashi/event/event_sky/index.html

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
3)こんぴらさんの新しいお土産
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

金刀比羅宮の人気のお土産「幸福の黄色いお守り」と「ミニこんぴ
ら狗(いぬ)」がセットになったお土産(1,500円)が販売になりま
した。
参道を進み表書院の前の石段下に鎮座する「こんぴら狗」は金刀比
羅宮のマスコットでもあり、その可愛い風貌でとても人気がありま
す。
このちょっと漫画チックなデザインの銅像は漫画家の湯村輝彦さの
デザインで、その可愛さに負けてお賽銭をする人がとても多いです。
「こんぴら狗」は江戸時代に「こんぴら参り」の代参をした犬の事
で、人々からとても可愛がられたそうです。
江戸時代、庶民は旅行を禁止されていましたが、神仏への参拝は許
されていました。
「お伊勢参り」と言われた伊勢神宮の参拝と並び「丸金か京六か」
と言われ、金刀比羅宮と、京都六条の東西本願寺への参拝の旅も
当時の人々にとっては、人生の一大イベントでした。
特に東日本からの参拝の旅は一般の人にとっては大変な事でした。
そこで本人に代わって旅慣れた人が代理で参拝に行く「代参」と言
うのがありました。
実は、代参をしたのは“人”だけで無く、飼い主に代わって「こん
ぴら参り」と記した袋を首にかけた犬が、飼い主の代参をすること
もあったのです。
袋には、飼い主を記した木札、初穂料、道中の食費などが入って
いました。
犬は、旅人から旅人へと連れられ、街道筋の人々に世話をされ、
目的地にたどり着いたのです。
今の時代ではちょっと考えられない事ですね。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
4)ホテルニューアワジ新客室「ヴィラ“海の庭”楽園」が
  10月オープン!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

グループホテルであるホテルニューアワジに新客室「ヴィラ“海の
庭”楽園」が10月1日オープンを致します。
全5部屋、専用の庭園(テラスデッキ)に露天風呂がついた客室が
新たに完成します。
僅か5室ではありますが、客室部分で82.4〜116.5平米、テラスデッ
キを合わせると154.3〜182.4平米とグループホテルの客室の中でも
最大級の広さを誇ります。
琴平花壇の数奇屋造りの離れの「延寿閣(105平米)」「長生殿(152
平米)」に匹敵する広さに加え、客室から続くテラスデッキには露
天風呂を備え、その先に見える海の景色を望み、とても開放感ある
湯浴みをお楽しみ頂けます。
定員も最大8名様のお部屋もあり、これまで一部屋では宿泊の難し
かった3世代のご旅行や記念日でのご家族でのご旅行に最適なお部
屋です。
お部屋の定員は通常よりも余裕をもたしてあるので、定員でご利用
をいただいても、余裕をもってお過ごし頂けると思います。
予約受付スタートは9月1日からで、下記HPよりお申し込み頂け
ます。

「ヴィラ“海の庭”楽園」のお申し込みはこちらから
http://www.tenawan.ne.jp/lodgment/rec/002/929/pl.asp?G70

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■編集後記

本文でも紹介をさせて頂きました、ホテルニューアワジの新客室の
工事中の現場を先日、見学してきました。
工事中の客室に入ってその広さにびっくり、ホテルの客室と言うよ
りは、何かリゾートマンションの工事現場を見ているようでした。
この工事の様子を見ていると、1年前の琴平花壇のリニューアル前の
状況を思い出しました。
工事が進み、徐々にその姿が完成に近づくのを見るのは、そこに働
く者としては嬉しいものです。
恐らくニューアワジのスタッフも完成を心待ちしている事と思いま
す。
琴平花壇もリニューアルから1年が過ぎ、私も含め働いているスタ
ッフにとってリニューアルされた姿が普通になり、それに伴いリニ
ューアルオープンの時の喜びや気持ち忘れかけているように感じま
す。
今一度、リニューアルオープン時の気持ちを思い出して、お客様に
接して行かなければとグループホテルの新客室オープンの知らせを
聞いて思いました。

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜

※最後まで読んで頂きまして誠にありがとうございました。
※配信停止をご希望の場合は大変恐れ入りますがそのままご返信
くださいませ。

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜

編集:ホテルニューアワジグループインターネット予約センター
編集担当:琴平花壇予約窓口 木田清文
発行:株式会社 花壇
〒766-0001 香川県仲多度郡琴平町1241-5
TEL:0877-75-3232
FAX:0877-75-3235
琴平花壇ホームページ:http://www.kotohira-kadan.jp/

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜

こんぴら温泉郷の宿「琴平花壇」 〒766-0001香川県仲多度郡琴平町1241-5 TEL:0877-75-3232 FAX:0877-75-3235
Mailmagazine system : powered by メール配信CGI acmailer