メールマガジンバックナンバー
トップページ 空室・予約客室吉祥の湯ガーデンラウンジタイ古式マッサージ・バンクンメイその他ご案内アクセス

日付一覧

2010/06/30 18:46:45
  • 琴平花壇 members 通信 " さぬきだより "vol.30

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    四季薫る庭園の宿・こんぴら温泉郷「琴平花壇」

        ★members通信"さぬきだより"★
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

メンバーの皆様、こんにちは。
琴平花壇担当の木田でございます。
今、旬の話題と言えば、やはりサッカーワールドカップ。
普段は野球ファンの私も、ここ最近は、にわかサッカーファンとなって
深夜までサッカー中継を見て、寝不足が続いています。
前評判は決して良くなかった日本代表が、なんと決勝トーナメント
出場と日韓ワールドカップ以来の快挙です。
前回、優勝のイタリアや準優勝のフランスなど欧州の強豪と言われる
国が予選で敗退したのとは対照的に日本の躍進!
正直、嬉しい誤算ですね。
特に、今の代表はイエローカードやレッドカードが少なく、フェアプレイ
も評価されて、世界での日本サッカーの評価を変える活躍をしてくれまし
た。残念ながら、決勝トーナメント1回戦で負けて、ベスト16でしたが、
期待以上の活躍をしてくれた日本代表に感謝です。

━<INDEX>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■トピックス

1)この夏の一押しプラン!ラフティング体験付プラン

2)史跡を照らす“石あかり”「むれ源平石あかりロード2010」

3)瀬戸内国際芸術祭2010情報

4)うどん巡りの旅 第9回 行列の出来る超人気店“山越うどん”

5)ホテルニューアワジ“ヴィラ楽園”&“海のホテル島花”
  オープン直前情報

■編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■トピックス

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
1)この夏の一押しプラン!ラフティング体験付プラン
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

今年の夏に新しく出来たプランを紹介させて頂きます。
メルマガでも紹介をさせて頂いた「吉野川ラフティング」の体験がつ
いた夏季限定のプランをご用意させて頂きました。
以前は参加対象が中学生以上と限られていたのですが、小学生から参
加出来る「ファミリーラフティングコース」が本格的になって来たの
で、今回、夏休みのファミリー向けのプランとしてご用意させて頂き
ました。
激流を避け、いくつかの急流と適度な流れが続くコースなので、小学
生のお子様はもちろん、女性にも参加しやすいコースになっています。
途中の流れの緩やかな箇所では川にダイブしたり、川の中で浮かんで
遊んだりと、水遊びも体験出来ます。
ラフティングに興味はあるけど激流はちょっと、と思っていた方や
お子様が小さいので諦めていたアウトドア好きのお父さんやお母さん
は是非、ご家族で参加を!

≪【夏休みファミリープラン】吉野川ラフティング体験プラン≫
https://asp.hotel-story.ne.jp/ver4/AS4P0200.asp?hcod1=08810&hcod2=001&ppln=86224

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
2)史跡を照らす“石あかり”「むれ源平石あかりロード2010」
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

世界一高価な花崗岩“庵治石(あじいし)”の産地として有名な高松
市牟礼町で「むれ源平石あかりロード2010」が開催されます。
牟礼町は隣の庵治町とあわせ約300の石材店が軒を連ね“日本一の
石材産地“と言われています。
もうひとつ牟礼町で有名なのが「源平屋島の合戦」の史跡です。
那須与一の「扇の的」をはじめ源義経等の武勇伝など、数多くの史跡
が町内に残っています。
町内に点在している史跡と史跡をつなぐために、石あかりのモニュ
メントを設置し、史跡と石材産業を結びつけたイベントが「源平石あ
かりロード」です。
地元の石材店が造った、かわいい動物やデザインにこだわった石のモ
ニュメントが夏の夜を照らしてくれます。
ネオンなどの派手な電飾とは違った、やさしく風情のある石あかりに
照らされての夜の散策は、高松の夏の風物詩となっています。
飾られている石あかりは購入する事もできますし、町には常設の展示
場もあります。

開催期間:7月31日(土)〜9月20日(月)
点灯時間:夕暮れ時から午後10時まで(期間中毎日)
開催場所:「ことでん八栗駅」から「源平史跡、駒立岩・祈り岩」まで
     (約1kmの旧庵治街道沿い)
問合せ先:讃岐石材加工協同組合
TEL: 087-845-2446
※石あかり常設展示場(讃岐石材加工協同組合内)
 営業時間:9:00〜17:00
 休館日:土・日・祝日・年末年始

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
3)瀬戸内国際芸術祭2010情報
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

瀬戸内国際芸術祭の開催まで約3週間になりましたが、6月15日から
瀬戸内国際芸術祭公式ガイドブックが、美術出版社の美術手帖6月号
増刊として発売されました。
各会場で開催されるイベント、島を巡る交通手段や参加アーティスト
による書き下ろし絵本ページや付録シールなどの特典ページが満載。
瀬戸内国際芸術祭に必携の一冊です。

≪公式ガイドブック問い合わせ先≫
瀬戸内国際芸術祭総合インフォメーション
TEL:087-813-2244

同じく6月15日には、直島の地中博物館とベネッセハウスの中間に位
置する谷あいに、現在ヨーロッパを中心に活動しているアーティスト・
李禹煥(リ・ウーファン)氏と建築家・安藤忠雄氏とのコラボレー
ションによる美術館「李禹煥美術館」が開館しました。
李禹煥氏はソウル大学校美術大学を中退後、1961年、日本大学文学部
哲学科を卒業。
日本の現代美術の大きな動向である「もの派」を理論的に主導し、ヨ
ーロッパに積極的に知らせる役割を果たして来ました。
「もの派」は、1960年代末に始まり、1970年代中期まで続いた日本の
現代美術の大きな流れで、石、木、紙、綿、鉄板といった「もの」を
単体で、あるいは組み合わせて作品にし、それまでの日本の前衛美術
の主流だった反芸術的傾向に反発し、ものへの還元から芸術の再創造
を目指しました。
李禹煥氏の芸術は「作る」ことにおいて最小限でありながら、最大限
の交感をもたらす余白の芸術。
絵画では、たった一筆のあとが画面の余白と呼応して、限りない広が
りを感じさせてくれます。
美術館には、李禹煥氏の70年代から現在に至るまでの絵画・彫刻が展
示されています。

≪李禹煥(リ・ウーファン)美術館≫
香川県香川郡直島町字倉浦1390
TEL:087-892-3754
開館時間 10:00〜18:00(最終入館17:00)/3月1日〜9月30日
     10:00〜17:00(最終入館16:00)/10月1日〜2月末日
鑑賞料金 \1,000(15歳以下無料)

≪瀬戸内国際芸術祭2010ホームページ≫
http://setouchi-artfest.jp

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
4)うどん巡りの旅 第9回 行列の出来る超人気店“山越うどん”
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

うどん巡りの旅、9回目の今回は綾川町にある“山越うどん”を紹介。
数ある讃岐うどんのお店の中でも、行列のできる店として有名なのが
「山越うどん」さんです。
山越うどんさんへ行くときは、ちょっと覚悟が必要かもしれません。
何しろ、ゴールデンウイークになると、待ち時間は2時間以上、車の
列が2キロ以上も続くと言われる、超人気店です。
今年のゴールデンウイークも3時間以上並んだと言う人がいました。
人気メニューはテレビなどのマスコミにも取り上げられている元祖
「釜玉(かまたま)」
「釜玉」は最初、常連さんが食べていた名無しのメニューですが、
現在は山越うどんの代名詞となっています。
お椀に生卵を割り、釜から揚げたての熱い麺を入れて、食べる直前に
かき混ぜます。すると、麺の熱で卵が良い感じに固まります。
この少し固まった卵が絡まって黄色くなった麺はとても食欲をそそり
ます。私もこの麺を見ると、別のうどんを注文しても我慢出来ずに
追加で「釜玉」を注文をしてしまいます。
この「釜玉」以外にも、これぞ讃岐うどん!と言える「かけうどん」
も忘れる事はできません。
麺自体の絶妙な塩加減に、噛み切ると「ぷつん」と音が聞こえそうな
コシの強い麺。何杯でも飲めそうなイリコの香りが上品なダシとまさ
にイメージ通りの讃岐うどんを楽しめます。
「釜玉」「かけうどん」を一度食べると、あの行列に並んでもまた、
食べたくなるお店です。

≪山越うどん≫
香川県綾歌郡綾川町羽床上602-2
電話 087-878-0420
営業時間 9:00〜13:30
     定休日 日曜日
※定休日や営業時間が変更される場合が有りますので、ご注意下さい。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
5)ホテルニューアワジ“ヴィラ楽園”&“海のホテル 島花”
  オープン直前情報
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

先月のメルマガでも紹介させて頂きましたが、この夏にオープンする
ホテルニューアワジ“ヴィラ楽園”と“海のホテル 島花”の見学に
行ってきました。
新しい施設が出来るのは、同じグループに働く者としては、嬉しいも
ので、見学を楽しみにしていました。
6月下旬に行ったので、両施設ともオープン1ヶ月を切って、完成に
向けて急ピッチで工事が進んでいました。
ヴィラ楽園では、最上階にある専用のラウンジ「天上の桟敷」を最初
に見たのですが、その窓からの風景は、まさに絶景と呼ぶのにふさわ
しい景色です。
ラウンジに入って、紀伊水道から遠くに和歌山を望む海の景色を見た
ときには、思わず「オー」と声をあげてしまいました。
上階のお部屋では、この絶景をテラスデッキにある露天風呂から楽し
む事が出来ます。
昨年10月に先行オープンした「海の庭 楽園」のお部屋は広々した庭
園の先に広がる海の風景を楽しめるですが、その風景とはまた違った
開放感があり、どちらも甲乙つけがたい景色です。
お部屋は10帖の和室、ツインベットの洋室にリビングと贅沢な間取り
で、お食事も部屋のリビングでのご用意となります。
お部屋から海を行き交う船やヨットハーバーに入ってくるヨットを眺
めながらのんびりとした時間をお過ごし頂けると思います。
次に見学に行った、7月20日オープンの「海のホテル 島花」は、6階
までの吹き抜けのロビーとロビーから続くウッドデッキが印象的な
ホテルでした。
この明るく開放感あるロビーは他のグループホテルにはない、島花の
魅力的な場所だと思います。
部屋はまだ、工事中なので、完成した形を想像するしか無いのですが、
個人的には6階にある「スパテラスルーム」が一番のお勧めだと思い
ました。
ツインベットとリビングから外に続く広々としたジャグジーを備えた
テラスデッキ。そのテラスデッキからヨットハーバーや海を望む景色
は島花の中でも一番の眺望ではないかと思います。
食事もレストランでのご用意となりますので、自由な時間を大切にす
るカップルやヤングファミリーにはお勧めです。
それ以外にもペットと泊れるお部屋やバイク専用の駐車場など、既存
のグループホテルには無い設備を備えています。
両施設とも工事の途中でしたが、十分に魅力的が伝わってきましたの
で完成するのが、今から本当に楽しみです。
今年の夏、淡路島へのご旅行を検討されている方は、是非、候補のひ
とつに加えて頂ければ嬉しいです。

≪ヴィラ楽園のご予約はこちらから≫
http://www.newawaji.com/rakuen/index02.html

≪海のホテル 島花≫のご予約はこちらから
https://asp.hotel-story.ne.jp/ver4/di/?hcod1=09200&hcod2=001&p=on&def=p

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■編集後記

私の現在乗っている車の車検がまもなく切れます。
現在の車は今年で11年目、残念ながら13年未満で25万円のエコカー
補助金の対象とはならないのですが、それでも10万円のエコカー補助
金とエコカー減税を合わせると25万円程、通常より安く買えるので、
少し早めに買い替えを決意。休みになると家族でディーラー巡りをし
ていました。
試乗をして営業マンの説明を聞くと、この10年間の車の進歩には驚か
されました。
候補にあがっていたのは、ミニバンと言われる3列シート、スライドド
アの車でしたか、キーレスのプッシュスタート、電動スライドドアに
ナビに連動した携帯電話のハンズフリー機能等の説明を聞いている私
は浦島太郎状態でした。
そして、一番驚いたのがその値引き金額の大きさです。
予め雑誌などで、値引き情報を調べて目標を決めていたのですが、
最初の見積であっさりとその目標をクリア。
私にとっては嬉しい誤算でした。
その後、交渉を続け、最終的に注文を決める時には所長さんが登場し
て10万円近く値引き額がアップ。本当にびっくりしました。
担当の営業マンに聞くと、「9月以降は車が売れなくなるので、今の
うちに少しでも数字を稼ぎたいので、本当に今は買い時ですよ」との
事でした。おかげで、思ったより安く購入する事が出来ました。

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜

※最後まで読んで頂きまして誠にありがとうございました。
※配信停止をご希望の場合は大変恐れ入りますがそのままご返信
くださいませ。

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜
編集:ホテルニューアワジグループインターネット予約センター
編集担当:琴平花壇予約窓口 木田清文
発行:株式会社 花壇
〒766-0001 香川県仲多度郡琴平町1241-5
TEL:0877-75-3232
FAX:0877-75-3235
琴平花壇ホームページ:http://www.kotohira-kadan.jp/

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜

こんぴら温泉郷の宿「琴平花壇」 〒766-0001香川県仲多度郡琴平町1241-5 TEL:0877-75-3232 FAX:0877-75-3235
Mailmagazine system : powered by メール配信CGI acmailer