メールマガジンバックナンバー
トップページ 空室・予約客室吉祥の湯ガーデンラウンジタイ古式マッサージ・バンクンメイその他ご案内アクセス

日付一覧

2010/07/30 18:47:40
  • 琴平花壇 members 通信 " さぬきだより "vol.31

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    四季薫る庭園の宿・こんぴら温泉郷「琴平花壇」

        ★members通信"さぬきだより"★
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

メンバーの皆様、こんにちは。
琴平花壇担当の木田でございます。
先日、ショックなニュースが流れてきました。
現在は活動休止中のサザンオールスターズのボーカルの桑田佳祐さん
が食道がんのため、秋からの全国ツアーの中止やソロアルバムの販売延
期のニュースです。
桑田さんと言えばデビュー30年を超え、その間大病をしたこともなく、
50歳を超えてもパワフルなライブを見せてくれていただけに、私と同
様に驚かれた方も多かったと思います。
特に私と同世代の人は「夏はサザン」「冬はユーミン」とサザンオール
スターズと松任谷由美さんの音楽を聴いて育った世代だけにショック
だったと思います。
その影響は大きく、桑田さんのニュースが流れた後、所属事務所の株価
が下がり、一時は年初来安値を付けたそうです。
幸い、早期発見で手術をすれば、大丈夫との事ですし、桑田さんも早け
れば年内の復帰を目指しているようなので、一安心です。
10年以上前に行った桑田さんのコンサートは私にとってもサザンの念
願の初コンサートで、デビュー当時の懐かしい曲から、当時の最新のヒ
ット曲まで惜しげなく歌ってくれて、とても興奮したのを覚えています。
今は、治療に専念して、そして完全復活してくれる日を待ちたいと思い
ます。

━<INDEX>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■トピックス

1)アートを巡る100日間の冒険“瀬戸内国際芸術祭”開幕!

2)一生物の家具をつくり続ける会社“桜製作所”

3)うどん巡りの旅 第10回 あの名店が復活!“宮武うどん”

4)“海のホテル 島花”訪問記

■編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■トピックス

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
1)アートを巡る100日間の冒険“瀬戸内国際芸術祭”開幕!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

今年の香川最大のイベント「瀬戸内国際芸術祭2010」が7月19日、つい
に開幕しました。サブタイトルの通り10月31日まで100日間、現代アー
ト巡る旅の開幕です。
19日のオープン日には舞台となった直島をはじめ、瀬戸内の島では作品の
前で記念写真を撮る人が絶えませんでした。
迎える島民の方も芸術祭に来るお客様を歓迎しようと、横断幕を用意した
り、直島の宮浦地区「エコタウンハウス」では、開催期間中の土日祝日に
は、お茶や手作りのところてんなどで訪れた方をおもてなしする予定です。
訪れた人からは、島の雰囲気とそこにある作品との融合が独特の空気を創
り出していると好評のようです。
現在完成している作品、美術館以外にも、豊島では「建築界のノーベル賞」
とも言われるプリツカー賞を2010年に受賞した西沢立衛(にしざわたつ
えい)さん設計の水滴の形をした美術館が秋にオープンしたり、ジャズピ
アニストの山下洋輔さんとペインティングの西村記人さんのライブなど、
アートだけでなく音楽ともコラボしたイベントが開催されます。
香川には、会場となっている高松港や瀬戸内海の島以外にも、少し足を延
ばせば高松城後の「玉藻公園」や昭和初期の倉庫群を再生した「北浜アリ
ーナ」、100年の歳月をかけて完成した回遊式庭園の「栗林公園」があり、
東には源平の合戦の舞台となった「屋島」、西にはもちろん琴平花壇のある
「金刀比羅宮」とアートと歴史に興味のある方には魅力的なスポットが数
多くあります。
今年の夏は、「アートと歴史に出会う」香川にお越し下さい!

≪瀬戸内国際芸術祭2010応援プラン≫
https://asp.hotel-story.ne.jp/ver4/planlist.asp?hcod1=08810&hcod2=001&mode=seek&c2plan=9002&clrmode=true

≪瀬戸内国際芸術祭2010≫
 〜アートと海を巡る百日間の冒険〜
【会期】2010年7月19日(月)〜10月31日(日)
【会場】 直島、豊島、女木島、男木島、小豆島、大島、犬島、
     高松港周辺場所
公式URL:http://setouchi-artfest.jp/

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
2)一生物の家具をつくり続ける会社“桜製作所”
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

温暖な気候に恵まれた香川の県民性は「やわらくおだやか」と称されます。
そんな県民性を持つ香川の職人によって作られた工芸品は温かみある物が
多いです。その代表的な工芸品として高松市にある「桜製作所」がつくり
出す家具が挙げられます。
桜製作所は、1948年創業以来、約60年間に渡り高級注文家具をつくり続
けている会社です。
特に20世紀を代表する日系アメリカ人家具デザイナー、ジョージ・ナカ
シマさんとの交流により作り出されているシンプルだけれども「木」本来
の自然な美しさをかもし出す家具は数多くのお客様に愛されています。
桜製作所の家具つくりに大きな影響を与えたジョージ・ナカシマさんは
(1905〜1990)は、ワシントン州のシアトルで育った、アメリカ国籍の日
系2世です。
帝国ホテル建設のフランク・ロイド・ライトについて来日。
その後アントニン・レイモンド建築事務所に入り、軽井沢やインドで建築
の仕事に携わりました。
35歳でアメリカに戻りましたが、建築の仕事に失望し、自分が最初から最
後まで統合できる家具デザイナーとして、ペンシルバニア州ニューホープ
の広大な森のなかに工房をつくり、その後の生涯を木と対話しながら美し
い家具を作り続けました。
1964年に高松を訪れた際に、地元の職人たちの集まり「讃岐民具連」と出
会い、その活動に共鳴し自ら参加しました。ここで桜製作所の現会長でも
ある永見眞一さんと出会い、お互い良き理解者、パートナーとして、木に
第二の人生を与えると言われる家具作りを行ってきました。
ナカシマさんが亡くなった現在もニューホープの工房と桜製作所の両方で
その意思を引き継いだ家具作りが行われています。
良い家具は一生物と言われますが、ジョージ・ナカシマとの交流で蓄えら
れた高度な製作技術と洗練されたデザインによって作り出される家具はま
さに一生物です。
決して安くはない家具ですが、本当に一生使えるよい家具です。
親から贈られた桜製作所の家具を、何十年も使っている話を聞いた事があ
りますが、実物を見るとその事が納得できる家具です。
2008年には「ジョージ ナカシマ記念館」を開設し、桜製作所とニューホ
ープの工房、双方で製作された約60点の作品が、ナカシマの生い立ちを
たどる貴重な写真や手紙等とともに展示されています。
木材を扱ったり、家具に興味がある方はお勧めのスポットです。
桜製作所の家具は、直営の「桜ショップ(東京銀座、高松、ジョージナカ
シマ記念館ショップ)とオンラインショップで購入する事が出来ます。

桜ショップ 高松店
〒760-0018 香川県高松市天神前4番32号
電話 087-831-8866
営業時間 10:00-18:00 日・祝日定休(夏季・年末年始)
オンラインショップ http://online.sakurashop.co.jp/

ジョージ ナカシマ記念館
〒761-0122 香川県高松市牟礼町大町1132-1
電話 087-870-1020
開館時間 10:00〜17:00(入場は16:30まで)
休館日 祝祭日、年末年始

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
3)うどん巡りの旅 第10回 あの名店が復活!“宮武うどん”
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

うどん巡りの旅、10回目の今回は復活した名店“宮武うどん”を紹介。
この名前を聞いて、昨年閉店したのでは?と思った人も多いと思います。
確かに、さぬきうどんの超有名店“宮武うどん”は昨年の6月に大将の
宮武一郎さんの体力的な事もあり、惜しまれながら閉店しました。
そのニュースに地元はもとより全国のさぬきうどんファンが衝撃を受けま
した。小さい頃からお父さんに連れられて通っていた谷本和正さんもその
一人でした。
元は和食の料理人でもある谷本さんが、宮武一郎さんのもとで完全手作り
の宮武うどんを継承し、2010年4月に高松市でオープンしたのが新生“宮
武うどん”です。
手ごね、手切りなどの宮武うどんの独自のスタイルを引き継ぎ、営業をし
ています。
店に入るとお盆と水を自分で取ってカウンターでうどんを注文。カウンタ
ー内はうどん打場、切場(木製まな板)、うどん盛り付けの順。後ろにうど
ん釜と玉取り場とこの辺のレイアウトは以前の宮武うどんと同じようなレ
イアウトです。
受け取ってから天ぷらコーナーにて天ぷらやおにぎりなどが取れます。
ちなみに天ぷらは自家製に変更になっています。そして会計を済まして
テーブルに。
ねじれとくぼみがある麺に澄んだダシとまさに宮武のうどん!
決して以前のお客さんの期待を裏切らない味です。
オープンしてしばらくは、毎日のように宮武一郎さんも谷本さんの仕事ぶ
りを見に来たり、時には実際にうどんを打っていました。
宮武一郎さんが使っていた道具類も継承されたので、新しい店ではありま
すが、どこか懐かしい初代・宮武うどんの香りが店内に残っています。
宮武うどんが閉店して、淋しく思っていた方は是非、足を運んで下さい。

≪宮武うどん≫
香川県高松市円座町340
電話 087-886-0939
営業時間 10:00〜15:00(売り切れ次第終了)
定休日 水曜日

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
4)“海のホテル 島花”訪問記
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

7月20日、淡路島にオープンしたグループホテルの「海のホテル島花」
の「ファミリーブッフェ」に見学と家族サービスを兼ねて行って来ました。
工事中のホテルには一度、見学に行ったのですが、完成してからは初め
てでした。
子供達は、駐車場の横の「ドッグラン」を見て「何これ?運動場?」と聞
いてきたので、ペット専用の遊び場と教えるとびっくりしていました。
確かに、占有面積(?)は広いかもしれません。
フロントスタッフは他のグループホテルから移動してきた人が多いので
面識のあるスタッフですが、レストランスタッフは新人が多く、少し緊張
しながら一生懸命サービスをしているのが伝わって、とても感じが良かっ
たです。
メニューも但馬牛のルーツとも言える淡路牛を使った淡路島牛丼や淡路
島のキノコとベーコンを使った焼きたてキッシュなど淡路島ならでは食
材を使った品々が用意されていていました。子供用にもハンバーグやオム
レツ等もあり、特にデザートのケーキやアイスクリームは子供達に好評で
した。
円形のロビーにあるレストラン席は6階までの吹き抜けでとても開放感
がありますし、テラス側の席ではヨットハーバーや対岸のグループホテル、
淡路夢泉景を見ながら食事が出来ます。特に夜になるとホテルに灯りがと
もり、ヨットハーバーの灯りともにロマンチックな雰囲気を演出してく
れます。
テーブル席は比較的な大きなテーブルを使っているので、ゆったりとした
雰囲気で食事をする事が出来ました。
島花の名物(?)シャトルボートは海上約2分で夢泉景に行くことが出来
ます。私が訪れた時も、頻繁にシャトルボートが行き来していました。
子供たちにもきっと人気が出ると思います。
このシャトルボートで夢泉景に行き、湯賓閣「天宮の雫」やホテルニュー
アワジのスパテラス水月「くにうみの湯」・「淡路棚田の湯」とグループ
の温泉を楽しむことが出来るのも、島花の魅力ひとつです。
時間的に限られた中での訪問でしたので、じっくりと施設を見ることが出
来ませんでしたが、そこで働くスタッフの一生懸命さと笑顔が印象的でし
た。
これから、淡路島へのご旅行を考えている方は、是非、候補の一つに加え
て下さい。

≪海のホテル 島花のご予約はこちらから≫
https://asp.hotel-story.ne.jp/ver4/di/?hcod1=09200&hcod2=001&p=on&def=p

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■編集後記

先月のメルマガで言っていた車が、注文から約1ヶ月。
補助金の影響もあり、通常より少し納車まで時間がかかりましたが、
ついに我が家に納車されました。
子供たちは、自動ドアと後部座席のプルダウン式のモニターに大喜びで
した。その姿を見ていると無理をして新車を買ってよかったと思いまし
た。考えてみると、子供達にとっては物心ついてから我が家に来たはじ
めての新車ですから当然かもしれません。
一方、私はセールスマンからの1時間におよぶナビや装備品の説明を理
解するのに大変でした。
ほとんど家電のような設備に機械オンチの私は、頭がついていかず、帰
ってきてからも「このランプは?」とか「これは何のスイッチ?」と分
厚い説明書とにらめっこです。本当に車の進歩はすごいですね。
技術の進歩にあらためて驚きました。
「あー、これは何?」とぼやきながらも、私も子供達と同様に十数年振
りの新車の味を楽しんでいます。

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

※最後まで読んで頂きまして誠にありがとうございました。
※配信停止をご希望の場合は大変恐れ入りますがそのままご返信
くださいませ。

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜
編集:ホテルニューアワジグループインターネット予約センター
編集担当:琴平花壇予約窓口 木田清文
発行:株式会社 花壇
〒766-0001 香川県仲多度郡琴平町1241-5
TEL:0877-75-3232
FAX:0877-75-3235
琴平花壇ホームページ:http://www.kotohira-kadan.jp/

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜

こんぴら温泉郷の宿「琴平花壇」 〒766-0001香川県仲多度郡琴平町1241-5 TEL:0877-75-3232 FAX:0877-75-3235
Mailmagazine system : powered by メール配信CGI acmailer