メールマガジンバックナンバー
トップページ 空室・予約客室吉祥の湯ガーデンラウンジタイ古式マッサージ・バンクンメイその他ご案内アクセス

日付一覧

2011/11/29 14:19:14
  • 琴平花壇members通信"さぬきだより"vol.46

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
   四季薫る庭園の宿・こんぴら温泉郷「琴平花壇」

        ★members通信"さぬきだより"★
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

メンバーの皆様、こんにちは。
琴平花壇担当の木田でございます。
先日、来日をしたブータンの若き国王夫婦の影響でちょっとした「ブ
ータンブーム」でしたね。
今回は、国王夫婦の新婚旅行も兼ねた旅行、震災後初めて国賓の来日
と言う事もあり、連日、マスコミでも大きく取り上げられていました。
同じアジア系で容姿も日本人に似ていますし、今回の来日でブータン
が一気に身近な国になりました。
ブータンを紹介する時に「世界一幸せな国」を言われますが、事実、
ブータンの国勢調査で97%の人が「幸せ」と答えたそうです。
経済的には決して豊かな国ではありませんが、この数字には「幸せ」
の意味を改めて考えさせられました
今回の国王夫婦の仲むつましい光景を見て、幸せな結婚に憧れ“結婚
ブーム”がおきるのではとコメントしている人がいましたが、これか
らクリスマスを迎えますし、本当に結婚ブームが来るかも知れません
ね。
今回は冬のイルミネーションや結婚の話題(?)も紹介もさせて頂い
ておりますので、最後までお付き合い下さいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■トピックス 

1)冬の香川を飾る光の祭典

2)讃岐うどん用小麦「さぬきの夢2000」スタンプラリー

3)ローカル鉄道“ことでん”開業100年周年
  
4)うどん巡りの旅 第25回 魅惑の細麺“うどん 一福”

■編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■トピックス

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
1)冬の香川を飾る光の祭典
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

12月に入ると街はクリスマスのイルミネーションで飾られます。
香川でも幾つものイルミネーションを飾るイベントが行われますが、
その中でもお奨めのイルミネーションを紹介させて頂きます。
最初は、琴平花壇から車で15分程の距離にある国営讃岐まんのう公園
の“ウィンターファンタジー”
毎年イルミネーションの数が増えて、今年は四国でも最大級の約45
万個のイルミネーションが飾られます。コンサート、ミュージカルや
花火のイベントも開催され、1日中遊んでも飽きることありません。
年明けまで開催されていますので、クリスマスを過ぎて行くと、人も
少なく、貸切状態になることも。クリスマスの時期を少しずらして行
くのもオススメです。
次は、高松市中央公園をメイン会場に開催される「第25 回高松冬の
まつり」です。
まんのう公園には負けますが、それでも約20万個のイルミネーショ
ンで中央公園や、その周辺が飾られます。
今年で25回目を迎え、すっかり冬の高松の風物詩となっています。
特に、メイン会場の中央公園に光り輝くシンボルツリーは有名で、毎
年、数多くの人が訪れます。
この冬の祭りは、ボランティアの企画イベントや市民参加のイベント
も数多く開催され、単にイルミネーションで飾るだけでなく、市民参
加の祭りとして人気があります。
イルミネーションの飾られるこの時期、琴平花壇でも、クリスマスの
特別プランをご用意しておりますので、是非、お越し下さい。

≪まんのう公園 ウィンターファンタジー≫
場所 まんのう公園 エントランス広場ほか
点灯期間 2011年11月26日〜2012年1月3日
時間 17:00〜20:00 (12/10・17・12/17〜25は21:00)
問合せ先 まんのう公園管理センター
      0877-79-1700
URL http://www.mannoukouen.go.jp/

≪第25回 高松冬のまつり≫
場所 香川県高松市番町中央公園、中央通り、およびその周辺
点灯期間 2011年12月17日〜2011年12月25日
時間 17:00〜21:00(12月24日は22:00)
休業日 期間中無休
問合せ先 高松冬のまつり実行委員会事務局
     087-834-5255
URL  http://www.fuyumatsuri.com

≪琴平花壇Xmas特別プランはこちらから≫
https://www.kotohira-kadan.jp/url.php?id=21

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
2)讃岐うどん用小麦「さぬきの夢2000」スタンプラリー
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

讃岐うどん用に開発した香川県産小麦「さぬきの夢」を広くPRしよ
うと、香川県内のうどん店を巡る「さぬきの夢ラリー」が始まりまし
た。スタンプラリーには「夢2000」を使ったうどんを提供する44店
と東京・新橋にあるアンテナショップ「せとうち旬彩館」のレストラ
ンが参加しています。
その内、35店では期間中、「夢2000」の後継品種「夢2009」を使用
した数量限定のうどんの販売も行います。開催期間は店舗によって異
なりますが、来年1月23日までの2カ月間の予定です。
期間中は店頭に「さぬきの夢ラリー」と書いたのぼりが立っています。
ラリーに参加店のうち3店のスタンプを集め応募すると抽選で110人
に「夢2009」を使用した半生うどんや県産ブランドミカンなどが当り
ますので、うどん巡りをする際にはのぼりを目印にスタンプを集めて
応募して下さい。

≪応募方法≫
ラリー参加店に備え付けの用紙にスタンプを集めて、下記へ郵送
〒760-8570(住所不要)
県農業生産流通課内かがわ農産物流消費推進協議会事務局
締め切り:2012年1月26日(当日消印有効)
※1人1通まで
問合せ先:087-832-3417

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
3)ローカル鉄道“ことでん”開業100年周年
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

香川県のローカル鉄道、高松琴平電気鉄道(通称:ことでん)が11
月18日、開業100周年を迎えました。
前身である東讃電気軌道が1911年(明治44年)11月18日に今橋(高
松市)とエレキテル(摩擦発電機)を考案した平賀源内の生地、志
度の間に、初めて電車を走らせて今年でちょうど100年になります。
2001年には経営破綻を経験しましたが、「ことでん」の名前で市民
にも親しまれ、レトロ列車の運行やマスコットキャラクターを使っ
てのPR活動など、地域に根ざした経営で見事に復活し100周年を迎え
ました。
100周年を記念したイベントも数多く開催され、現在、香川県在住の
写真家・GABOMIさんが仏生山(ぶっしょうざん)車両所で働く人
たちや、電車の点検、洗浄、車輪削正などを撮影した「ことでん百年
目の写真展」が開催中です。
また、11月18日には金刀比羅宮でかねてから婚約中?だったマスコ
ットキャラクターの「ことちゃん」「ことみちゃん」が結婚式を無事、
挙げました。
年間60件余りの挙式を行う金刀比羅宮でも初めて「キャラ挙式」で、
当日は、琴電の社長さん以下約100人もの方が参列し、やや緊張気味
の新郎新婦を祝福しました。
イベントなどで「ことちゃん」「ことみちゃん」に出会うことがあ
れば
「おめでとう」を言ってあげて下さい。
香川を旅するのに車窓からのんびりと香川の風景を楽しめるローカル
列車の旅もお奨めです。

「ことでん百年目の写真展 〜仏生山工場編」

日時:11月18日(金)〜12月4日(日)
場所:高松天満屋8F
   香川県高松市常盤町1丁目3-1
GABOMI ブログ
http://blog.livedoor.jp/gabomi_photo/archives/51843043.html

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
4)うどん巡りの旅 第25回 魅惑の細麺“うどん 一福”
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

うどん巡りの旅、25回目の今回は、高松市郊外にある細麺の“うどん
一福”さんを紹介させて頂きます。
「一福」は20年以上続いた人気のお店でしたが、2007年に一度、休
業しました。しかし、2009年に現在のご主人である渡辺さんが以前の
店主にお願いして屋号を譲り受けて再オープンしました。
一福さんのうどんの特徴は通常の麺の半分程のきれいな細麺。
ただ、その細さから想像出来ない“コシ”があり、口に入れるとツル
ツルと喉に入って行く、その喉越しの良さは一福さんならではの味で
す。麺を良く見ると麺の角が立っていて四角形になっている、讃岐う
どんで美味しい麺の証でもある「エッジが立っている」からこのコシ
と喉越しを生み出しているのです。このエッジは、麺をつくる全ての
工程が非常に丁寧で、しかも確かな技で行われている事の証でもあり
ます。
出汁は讃岐うどんの特徴であるイリコを使った透明感のある出汁です。
透明で色の薄い出汁ですが、イリコ風味がしっかりと出て特に、関東
地方の方は見た目の色の薄さとその味のギャップに驚くかもしれませ
ん。しかも、しっかりとイリコの味は出ているのですが、決してそれ
を主張しすぎる事もなく、とても上品な味です。
この出汁は、麺が無くなった後でも最後の一滴まで飲み干してしまう
人がほとんどです。この上品は出汁の味は細麺と共に一福さんの人気
の秘密でもあります。
店主の渡辺さんは以前、丸亀市にあるあの有名店「中村うどん」で修
行をしていたので、中村うどんの伝統も引き継ぎ、その上に渡辺さん
独自のうどんの世界を創り出しています。
うどん巡りには外す事の出来ない名店の一つです。

≪うどん 一福≫
住所 香川県高松市国分寺町新居169-1
電話 087-5088
営業時間 10:00〜14:00(平日)
     10:00〜15:00(土日祝)
定休日 金曜日
    ※営業時間等が変更される場合が有ります。
    
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■編集後記

今年の秋は暖かかったですね。
先日、買い物に行った時、ダウンジャケットを半袖の服を着た人が選
んでいるのを見かけました。
いくら、屋内とは言え11月の下旬になって半袖姿の人を見るのは違和
感がありますね。
ここ数日、やっと例年通りの気温になり、この暖かさで遅れていた金
刀比羅宮・裏参道の紅葉も、やっと見頃を迎えています。
恐らく、例年より10日程遅れているように思います。
今月の初め、本宮まで参拝に行った時は、天気に恵まれすぎて余りの
暑さに、途中、神椿で休憩をしたのですが、やっと参拝に丁度いい気
候になりました。これから金刀比羅宮を訪れる方は、裏参道の紅葉狩
りをお楽しみ頂けるかも知れません。

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

※最後まで読んで頂きまして誠にありがとうございました。
※配信停止をご希望の場合は大変恐れ入りますがそのままご返信
くださいませ。

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜
編集:ホテルニューアワジグループインターネット予約センター
編集担当:琴平花壇予約窓口 木田清文
発行:株式会社 花壇
〒766-0001 香川県仲多度郡琴平町1241-5
TEL:0877-75-3232
FAX:0877-75-3235
琴平花壇ホームページ:http://www.kotohira-kadan.jp/
*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜

こんぴら温泉郷の宿「琴平花壇」 〒766-0001香川県仲多度郡琴平町1241-5 TEL:0877-75-3232 FAX:0877-75-3235
Mailmagazine system : powered by メール配信CGI acmailer