メールマガジンバックナンバー
トップページ 空室・予約客室吉祥の湯ガーデンラウンジタイ古式マッサージ・バンクンメイその他ご案内アクセス

日付一覧

2012/09/08 17:16:30
  • 琴平花壇members通信"さぬきだより"vol.55

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
   四季薫る庭園の宿・こんぴら温泉郷「琴平花壇」
       http://www.kotohira-kadan.jp/
        ★members通信"さぬきだより"★
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

メンバーの皆様、こんにちは。
琴平花壇担当の木田でございます。
8月の最後に少し遅めの夏休みを頂き、家族旅行に行って来ました。
今回は次女の希望もありプールで遊ぶのが目的の旅行でした。
最初の予定では1日目はプール、2日目は水族館など屋内の涼しいところ
で過ごす予定でしたが、娘の強い希望で結局、2日間とも真夏のような
日差しの中、プールと隣接する遊園地で過ごす事になりました。
夏の間、殆ど外に出ることなく室内にこもっていた私は、この2日間で
真っ赤に日焼けしました。
腕や鼻先はもちろんですが、唇まで日焼けで腫れてしまい、帰宅して
から氷で唇を冷やす羽目に。
しかもその後は、食事をする時に口を開けると唇が切れて出血をする
始末。食事をするのも一苦労でした。
今更ですが、日焼け対策を怠った事を後悔しています。
9月に入りましたが、9月も紫外線量が多い月になりますので、外出する
時や屋外で遊ぶ時は、日焼け対策は万全に!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■トピックス 

1) 秋のお奨めプラン
   ・星降る庭園・二人だけのお泊りプラン
   ・秋の金刀比羅宮参拝プラン・温泉&フットマッサージ付き

2)蘇る古戦場!“現代源平屋島合戦絵巻”

3)何をお願いしますか?“逆打ちお遍路”でご利益アップ!

4)香川アートな旅・丸亀市猪熊弦一郎現代美術館
   “ホンマタカシ ニュー・ドキュメンタリー”

■ うどん巡りの旅 第34回 
   風格漂う名店“うどん本陣 山田屋本店”

■神戸ベイシェラトンホテル&タワーズWhat's New?

■編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■トピックス

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
1) 秋の季節限定プラン紹介
   ・星降る庭園・二人だけのお泊りプラン
   ・秋の金刀比羅宮参拝プラン・温泉&フットマッサージ付き
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

秋の季節限定プランをご案内させて頂きます。
今年は本当に暑い日が続きましたが、最近になってようやく朝晩の
気温が下がり少し過ごしやすくなって来たように思います。
これからさらに夜の気温も下がり空気が澄んでくると、星空が綺麗に
見える季節になります。
そんな季節にピッタリのプランをご用意させて頂きました。
人気の貸切露天風呂・なごみ湯で二人だけの湯浴みを愉しみ、松月テ
ラスにある足湯に浸かりながら星空を眺め、ホットカクテルを傾ける。
旅先だからできるちょっとロマンチックなプランです。

≪星降る庭園・二人だけのお泊りプラン≫
http://www.kotohira-kadan.jp/u.php?id=52

秋は金刀比羅宮へ参拝が最も賑う季節。
毎年、沢山の人が名物石段を登って参拝に行かれます。
普段、運動不足の人にとっては、本宮までの785段の石段(奥社まで
は1386段)は結構、脚にきます。
そこでお勧めなのが、チェックアウト後の入浴と参拝に疲れた足を
ケアするフットマッサージがセットになったこちらのプラン。
こんぴらさんへの参拝の後は、讃岐の町を一望する展望浴場「吉祥
の湯」とタイ王国2500年の歴史と伝統に育まれた独自の術、タイ古式
マッサージのフットマッサージで“こころ”と“からだ”をリフレッ
シュして下さい。

≪秋の金刀比羅宮参拝プラン・温泉&フットマッサージ付き≫
 http://www.kotohira-kadan.jp/u.php?id=53
 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
2)蘇る古戦場!“現代源平屋島合戦絵巻”
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

寿永4年(1185年)におこった源平合戦「屋島の戦い」は、滅びるもの
の哀れと、追うものの雄々しさを描いた平家物語の中でも語り伝えられ
てきた戦いです。
その古戦場を舞台に、合戦の様子を現代に蘇らせる瀬戸内芸術祭2013の
プレイベント「現代源平屋島合戦絵巻」が11月4日に開催されます。
当日は、メーン会場となる立石港埋め立て地周辺には4,000余の旗がた
なびき、総勢3,000人の部隊が紅軍、白軍に分かれ音楽やパフォーマンス
などを披露しながら練り歩き、現代版の合戦(綱引き、騎馬戦、口上合
戦など)を繰り広げます。
企画担当は瀬戸内国際芸術祭の総合ディレクター・北川フラムさんが務め、
インパクトのあるイベントで源平の地・屋島を全国にアピールします。
現在、マーチングバンドやダンスチームなどで、歩きながら演奏したり
踊ったりできる参加団体を募集中(締切:9月14日)です。

≪現代源平屋島合戦絵巻≫
http://www.kotohira-kadan.jp/u.php?id=55
開催日時 平成24 年11 月4 日(日)
     13:00〜16:30 <少雨決行>
問合せ先 NPO法人 瀬戸内こえびネットワーク
     「現代源平屋島合戦絵巻」係
     TEL:087-813-1741/FAX:087-813-1742

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
3)何をお願いしますか?“逆打ちお遍路”でご利益アップ!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

お遍路は、四国にある88箇所のお寺(札所)を1番札所霊山寺(徳島
県)から順に四国を右回りに88番札所大窪寺(香川県)へ巡拝するの
が一般的です。
現在でも年間10万人以上の人が遍路を行い、その内1000人程の人が
バスや車を使わずに歩き遍路を行っていると言われています。
遍路の動機としては、「家内安全」「祖先や死者の供養」や「修行」
といったものから、最近では歩くことを目的とするものや「自分探し」
、「癒し」を求めてといった精神的なものや自己鍛練など実に様々で
す。
その中でも88番札所大窪寺から1番札所霊山寺へと逆に巡ることを
「逆打ち(ぎゃくうち)」と言うのをご存知ですか?
逆打ちを行うと、功徳が倍にも3倍になるとも言われています。
お遍路は、弘法大師が伊予の国(愛媛県)の村を訪れた際、その土地
の長者であった衛門三郎(えもんさぶろう)の門前で托鉢を行ってい
ると、手にしていた椀を叩き割られ追い返されてしまいました。
その年以降、衛門三郎の8人の子供たちが毎年、亡くなりついに全員亡
くなってしまいます。
非礼を悔いた衛門三郎は、弘法大師に会って罪を許していただくこと
を誓い、弘法大師を探す旅に出ます。
これがお遍路の始まりとも言われています。
しかし、四国を順に二十数回巡りますが、衛門三郎は弘法大師に出会
うことが出来ず、何としても弘法大師会いたい気持ちから、今度は逆
に巡りはじめます。
しかし12番札所焼山寺の麓で倒れてしまいました。そこに弘法大師が
現れ、ようやく罪を許してもらうことができたそうです。
このことから、逆打ちすると弘法大師に出会うことができる、「順打
ち」よりもご利益が上がると言われているのです。
さらに4年に一度のうるう年に「逆打ち」を行うとよりご利益が上が
るとされていますので、今年はまさにその年にあたります。
今年も残り後4ヶ月。今から始めれば年内に終えて願い事が成就する
かもしれませんので、願い事がある方は是非、挑戦を!!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
4)香川アートな旅・丸亀市猪熊弦一郎現代美術館
  “ホンマタカシ ニュー・ドキュメンタリー”
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「丸亀市猪熊弦一郎現代美術館(MIMOCA)」で開催中の展覧会をご
紹介。
ドキュメンタリーとしての視点と芸術作品としてのアプローチを意識
し、被写体との独特の距離が生み出す緊張感や感情を上乗せしない
ドライな写真表現で知られるホンマタカシさんの国内美術館で初めて
の個展「ニュー・ドキュメンタリー」が昨年の金沢、東京に続いて、
9月23日まで丸亀市猪熊弦一郎現代美術館で開催されています。
今回の展覧会ではプリント作品はもちろん、シルクスクリーンや本、
絵画、映像等様々な手法を用いた作品を展示。
写真とは何かを問いかけて見ることの本質に迫ります。
猪熊弦一郎現代美術館の大きな空間を使った展示や限定出品の作品も
あり、毎週、日曜日の午後2時からは担当キュレーターが作品の説明や
その背景についても教えてくれますので、より深く作品を理解できる
のでお勧めです。

≪ホンマタカシ ニュー・ドキュメンタリー≫
http://www.kotohira-kadan.jp/u.php?id=54
場所 丸亀市猪熊弦一郎現代美術館
    TEL:0877-24-7755
会期 2012年7月15日(日)〜9月23日(日) *会期中無休
開館時間 10:00〜18:00(入館は17:30まで)
観覧料 一般950円 大学生650円
      
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ うどん巡りの旅 第34回 
   風格漂う名店“うどん本陣 山田屋本店”
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

うどん巡りの旅、34回目の今回は、高松市牟礼町にある風格漂う名店
“うどん本陣 山田屋本店”を紹介させて頂きます。
国道11号線から県道へと山を登る感じで車を走らせます。
途中からお店に着くまでに橙色の看板があちこちにあり、まるで山田
家本店に行くためにあるような道になっています。
山田屋さんは、敷地全体が国の文化財に登録され、江戸時代の造り
酒屋を改装した風格のある建物と石の郷・牟礼町の庭園技術を結集さ
せた庭園の素晴らしさはそれだけでも訪れる価値はあります。
お店と言うより屋敷と言った方がピッタリの店内は昔ながらの庄屋風
のお座敷やテーブル席、人数に合わせて利用できる個室を備えていま
すが、出来れば見事な庭園を見渡す事の出来るお座敷で食べて欲しい
です。
一押しメニューはなんと言っても「釜ぶっかけ」。
ゆであげるタイミングにこだわった麺は、箸をつけた瞬間に引っ張り
返してくる程のもちもちとした弾力。麺にネギ、ダイコンおろし、ス
ダチなどを好みで薬味をのせて行きます。
のせる薬味によってその味が変わり、味の変化を楽しめます。
サイドメニューも流石の充実ぶり。特に地元、瀬戸内海で獲れたナシ
フグとカキと海老の天麩羅の盛合わせは衣がサクサクしてお奨め!
地元の人からは大切なお客さんをもてなすには「山田屋本店」に行け
ば間違いないと言われるほど支持されています。
誰にでも安心してお奨めできるお店です。

≪うどん本陣 山田屋本店≫
http://www.kotohira-kadan.jp/u.php?id=56
住所 香川県高松市牟礼町牟礼3186
電話 087-845-6522
営業時間 10:00〜20:00
定休日 無休

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■神戸ベイシェラトンホテル&タワーズWhat's New?  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2011年12月にホテルニューアワジグループに加わった、「神戸ベイ
シェラトンホテル&タワーズ」の今をお伝えする「What's New?」
今月は、神戸出身のジャズピアニスト・小曽根実さんのライブもつい
た「シェラトン ワイン・フェスティバル」や30種類以上のビールの
試飲が出来る「ビア・フェスティバル2012」とお酒好きの大人のため
のイベントと淡路島の食を堪能するイベントをご紹介させて頂きます。

・シェラトン ワイン・フェスティバル(2012.10.28)

 29回目を迎える人気イベント。23社のワインサプライヤーブース
 では、世界中のワイン約300種のテイスティングができる試飲コー
 ナーやソムリエ厳選のスペシャルワインがお手頃価格で楽しめる
 コーナーに利き酒コンテストもございます。
 しかも今回は、シェラトン20周年を記念して「小曽根 実トリオ」
 のライブも。世界のワインと神戸ジャズの巨匠の演奏をお届け致
 します。
  ⇒http://www.kotohira-kadan.jp/u.php?id=57
  
・ビア・フェスティバル 2012(2012.9.30)

 大手ビールメーカー4社と地ビールメーカー4社が参集し、30種類
 以上の様々なビールの試飲が楽しめるイベント。
 フードコーナーでは、かまぼこ・さつま揚げの販売で80年以上の
 歴史を持つ「黒田蒲鉾商店」(別途有料)も出展、マリアージュを
 お楽しみいただけます。
 ⇒http://www.kotohira-kadan.jp/u.php?id=58

・食のブランド「淡路島」を堪能する夕べ(2012.11.16)

 古事記編纂1300年記念事業として日本の中国料理をリードする脇屋
 友詞氏、野菜スイーツで女性に人気のパティシエ・柿沢安耶さん、
 1992年のホテル開業以来、中国料理「翠亨園」の味を守り続ける料理
 長・中出孝弘による最強コラボレーションで古来、御食国と呼ばれ皇
 室・朝廷に食料を貢いだと言われる淡路島の食材をふんだんに使った
 コース料理をご用意致します。
 当日は脇屋、柿沢両シェフのトークショーや古事記・神話を題材とし
 た組曲「大和のまほろば」の演奏もございます。
 神戸ベイシェラトンがお届けする味の最強コラボレーションをお楽し
 み下さい。
  
   〜食のブランド「淡路島」を堪能する夕べ〜
   日時 平成24年11月16日(金) 18:30〜
   料金 18,000円
   ご予約・お問合せ 078-857-7040

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■編集後記

香川県の公式観光サイト「うどん県旅ネット」のサイト内のうどん店
へのアクセスランキング(8月)の発表がありました。
1位はさすがとも言える“るみばあちゃん”のお店「池上製麺所」、
2009年のお店の移転後も変わらず高い人気を保っています。
2位には今回のうどん巡りの旅でも紹介をさせて頂きました風格漂う
名店「うどん本陣 山田屋本店」。
3位、4位には人気店の常連ともいえる「がもううどん」、「山下うど
ん」と続きました。
5位にはその場所のわかりにくさから「迷(名)店」としても有名な
「穴吹製麺所」が入っています。
やはり誰もが納得する名店が上位に入っていました。
今回、上位に入ったお店は行列必至の店ですが、讃岐うどん巡りを
する際には外す事のできない名店ばかりです。
うどん巡りの際には是非、訪れて下さい。

それでは、今月はこの辺で。
また次号でお会いいたしましょう!

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜

※最後まで読んで頂きまして誠にありがとうございました。
※配信停止をご希望の場合は大変恐れ入りますがそのままご返信
くださいませ。

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜

編集:ホテルニューアワジグループ
    インターネット予約センター
編集担当:木田清文
発行:株式会社 花壇
〒766-0001 香川県仲多度郡琴平町1241-5
TEL:0877-75-3232
FAX:0877-75-3235
琴平花壇ホームページ:http://www.kotohira-kadan.jp/
facebook: http://ja-jp.facebook.com/kotohirakadan
twitter: https://twitter.com/#!/Kotohirakadan

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜

こんぴら温泉郷の宿「琴平花壇」 〒766-0001香川県仲多度郡琴平町1241-5 TEL:0877-75-3232 FAX:0877-75-3235
Mailmagazine system : powered by メール配信CGI acmailer