メールマガジンバックナンバー
トップページ 空室・予約客室吉祥の湯ガーデンラウンジタイ古式マッサージ・バンクンメイその他ご案内アクセス

日付一覧

2013/04/11 15:52:21
  • 琴平花壇members通信"さぬきだより"vol.62

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
   四季薫る庭園の宿・こんぴら温泉郷「琴平花壇」
       http://www.kotohira-kadan.jp/
        ★members通信"さぬきだより"★
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

メンバーの皆様、こんにちは。
琴平花壇の木田でございます。
このメルマガでもご紹介をさせて頂いていた「瀬戸内国際芸術祭2013」
の春のシーズンがついに始まりました。
先日のニュースでは90万人の来場を集めた2010年よりも1週間以上も早
く10万人を突破し、非常に好調なスタートを切りました。
「こんなに美しい土地に来たら、アートなんていらないと思う。でもアー
トがなければ、ここまではきっと来ない」と書かれた記事を見ましたが、
まさにその通りで、船での移動もあり決して便利とは言えないところです
が、それだけに都会には無い美しい風景やそこに暮らす素朴な人に出会う
事が出来ます。それが、単に美術館での鑑賞とは違う瀬戸内国際芸術祭の
魅力、たくさんの人を惹きつける要因となっているように思います。
現代アートの作家や建築家と、そこに暮らす人々との協働によるアート作
品は、アートに余り興味が無い方でも、肩肘を張らずリラックスした気分
で楽しめ、きっと新しい発見があります。
是非、香川県へお越し下さい。

今回は、現代アートとは違う日本の伝統文化とも言える“こんぴら歌舞伎”
や讃岐の名品“和三盆”の型抜き体験プランなどをご紹介させて頂きます。
どうか最後までお付き合い下さいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■トピックス 

1)讃岐の伝統に触れる
  ≪【伝統体験】優しい口どけ“和三盆”型抜き体験プラン≫

2)讃岐の春の風物詩“四国こんぴら歌舞伎大芝居”開催中!

3)「うどん県・懐かしの写真コレクション」募集中

4)解体目前、救われた壁画とパブリックアート
            丸亀市猪熊弦一郎現代美術館展

■うどん巡りの旅 第42回 
    とろ〜り半熟卵の天麩羅とうどんのコラボ“竹清(ちくせい)”
   
■神戸ベイシェラトンホテル&タワーズWhat's New?

■編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■トピックス

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
1)讃岐の伝統に触れる
  ≪【伝統体験】優しい口どけ“和三盆”型抜き体験プラン≫
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

江戸時代、香川では「砂糖」「塩」「木綿」が特産で、この三品をまと
めて「讃岐三白(さぬきさんぱく)」と呼んでいました。
その中でも「砂糖」は「讃岐和三盆」として現在も香川県の特産品と
なっています。
和三盆は竹糖を用いて生産されていて、砂糖の結晶が非常に小さく、
和菓子の原料として珍重されています。
グラニュー糖などと違い、口の中でとろけるようなやさしい口どけが
特徴で、血圧を下げたり、体内の老廃物の排泄の手助けする効果が
あると言われ健康を気にする女性に人気です。
琴平花壇でも和三盆の型抜き体験プランをご用意させて頂いているので
すが、やはり女性に人気です。
市販されている和三盆糖は完全に乾燥させたものですが、体験プランで
使用するものはしっとりとした湿り気を帯びています。これを木型に詰
めて取り出します。
梅、ハート、雪の結晶など50種類以上の木型は香川県伝統工芸士・
市原吉博さん作成の貴重な菓子木型です。
出来上がった和三盆はその場で、お抹茶でお召しが上がり頂けます。
特に出来たては、口の中に入れるとまるで雪のように溶けて行きます。
この溶けて行くような食感は、出来たてならではです。
作業は和三盆を菓子木型に入れて優しく押さえるだけの簡単な作業
ですので、女性はもちろん小さいお子様にもオススメの体験プランです。

≪【伝統体験】優しい口どけ“和三盆”型抜き体験プラン≫
 http://www.kotohira-kadan.jp/u.php?id=101

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
2)讃岐の春の風物詩“四国こんぴら歌舞伎大芝居”開催中!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

29回目を迎える“こんぴら歌舞伎大芝居”が開幕しました。
4月6日から始まり21日までの16日間、32公演が行なわれます。
今回は亀治郎改め四代目市川猿之助さんの襲名披露を兼ねた公演です。
猿之助さんはじめ片岡秀太郎さん、片岡愛之助さん、市川右近さんら人
気の役者さんが出演。
猿之助さんは亀治郎時代に2度、こんぴら歌舞伎に出演頂いていますが、
猿之助を襲名して初めての登場となります。
午前の部で演じられる義太夫狂言「義経千本桜 川連方眼(かわつらほ
うげん)館の場」は、三代目猿之助の代表的な演目の一つです。
その代表作を4代目猿之助さんが佐藤四郎兵衛忠信と源九郎狐が化けた忠
信の二役を演じています。
源九郎狐が化けた忠信役では、階段を軽快に飛び跳ね上ったり、勇壮な
立ち回り、最後の場面で鼓を手にワイヤにつられ宙を舞う演技では客席
から大きな歓声が上がっていました。
公演の行なわれる旧金毘羅大芝居(金丸座)は、役者さんと観客の距離
が近いのが魅力です。
それだけに、役者さんの細かい表情や熱気がダイレクトに伝わって来ま
す。
公演期間中は琴平の町には歌舞伎のポスターや登りが立ち並び、公演を見
なくてもこんぴら歌舞伎の雰囲気を愉しむ事が出来ますし、多くの役者さ
んが滞在していますので、町で思わぬ役者さんに出会えるかも知れません。

≪第二十九回 「四国こんぴら歌舞伎大芝居」≫
 http://www.kotohira-kadan.jp/u.php?id=102
期間 平成25年4月6日(土)〜21日(日)千 穐 楽
   第一部 午前11時開演
   第二部 午後 3時開演
 
問合せ先 四国こんぴら歌舞伎大芝居事務局
     (琴平町役場 観光商工課内)
     電話 0877-75-6714

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
3)「うどん県・懐かしの写真コレクション」募集中
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

うどん県(香川県)を代表する観光地の「こんぴらさん」「玉藻公園」
「栗林公園」「屋島」をはじめ、県内にはアートや食などの魅力的な観
光地がたくさんあります。その魅力をタイムスリップして時間旅行を楽
しんでいただく「うどん県・時間旅行物語」が7月1日から12月1日に開
催されます。その開催に合わせて、そのイベントで使用する昭和30〜40
年頃ま
での街並みや人々の暮らしぶりがうかがえるような写真(うどん県・懐
かしの写真コレクション)を探しています。
特に修学旅行などで人々がにぎわう風景やお祭りなどの行事、建物や街
の風景などを探しています。
読者の皆さんで、昔懐かしい風景や暮らしの様子が分かる写真をお持ち
の方は是非、ご協力をお願い致します。

≪うどん県・懐かしの写真コレクション≫
【問合せ先】
香川県観光交流局観光振興課 観光グループ
電 話 087-832-3360
募集要項:http://www.kotohira-kadan.jp/u.php?id=103

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
4)救われた壁画とパブリックアート“猪熊弦一郎展 壁画の仕事”
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

丸亀市の猪熊弦一郎現代美術館では、4月13日から「猪熊弦一郎展 
壁画の仕事」が開催されます。
猪熊弦一郎氏は「絵画は独占するものでなくより多くの人々を喜ばせ、
みちびくもの、多くの人々のためになるべきものだ」との考えのもと、
壁画の仕事を多数手がけて来ました。
今回展示される「都市流動」は2011年に営業を終了した京都の老舗ホ
テル・旧ホテルフジタ京都のラウンジに1970年の開業当初から設置さ
れていた壁画です。
しかし、ホテルの改修工事で壁画の前に新たな壁が建てられ、その所在
が分からなくなっていました。
ホテルの営業が終了し、建物の取り壊しが発表された事により、取り壊
し前に匿名の電話があり、おかげで壁画は無事、解体現場から取り出さ
れました。その経緯は新聞等で取り上げられ、「救われた壁画」として
当時、話題になりました。
2011年には美術館の開館20周年記念イベントとして、発見時のままの痛
んだ姿で1日だけ公開されました。
今回は、修復されて本来の姿を取り戻したこの壁画を初公開、併せて猪
熊弦一郎氏が手がけた他の壁画も写真パネル等で紹介されています。

≪猪熊弦一郎展 壁画の仕事≫
http://www.kotohira-kadan.jp/u.php?id=104
会期 2013年4月13日(土)〜6月23日(日) *会期中無休
開館時間 10:00−18:00(入館は17:30まで)
場所 丸亀市猪熊弦一郎現代美術館
   〒763-0022 香川県丸亀市浜町80-1
   電話0877-24-7755

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■うどん巡りの旅 第42回 
  とろ〜り半熟卵の天ぷらとうどんのコラボ“竹清(ちくせい)”
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

うどん巡りの旅、第42回目は高松市の香川県庁近くにある“竹清(ちく
せい)”さんを紹介させて頂きます。
以前、営業時間がお昼の1時間だけの「日の出製麺所」さんを紹介させて
頂きましたが、竹清さんも営業時間はお昼の11時から14時30分と短く、
当然、その間にお客様が集中して、行列が歩道に長く伸びています。
こちらのお店は、うどんは勿論ですが、それに負けないぐらい人気なのが
揚げたての天ぷら!!
お店に入れば大きなフライヤーで奥さんが天ぷらを揚げているのが目に
入ります。
まず、最初に天ぷらを注文してからうどんを注文します。
天ぷらは注文を受けて揚げているので、必ず揚げたてを食べる事が出来ま
す。定番の竹輪の天ぷらは表面がカリッと揚がり、中は小魚のすり身が柔
からいままで口の入れると香ばしい香りが広がります。
そして人気の品はやはり“半熟卵の天ぷら”
その絶妙の半熟加減、うどんに乗せてお箸で天ぷらを割るととろ〜り、卵
の中から鮮やかな色の半熟の黄身が出てきます。
思わず「うぉ〜」と声が出てしまいます。
白いうどんとの半熟の黄身とのコントラストは見事とし言いようがあり
ません。
ご主人が、丁寧に手打ちし長年の勘で時間帯、天気などによって、うどん
を茹でる時間、量を調節する麺は讃岐うどん独特のコシがあります。
出汁も少しあっさりした味ですがしっかりとイリコの風味が出ています。
その味は疑う余地はなく、人気は全国区。
高松でコンサートがある時は竹清さんにうどんを食べるに来るアーティ
ストも多数。あの福山雅治さんもその中の一人だそうです。
行列に並ぶ覚悟が必要ですが、それだけの価値のあるお店です。

≪竹清(ちくせい)≫
住所 香川高松市亀岡町2-23
電話 087-834-7296
営業時間 11:00〜14:30
定休日 水・木

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■神戸ベイシェラトンホテル&タワーズWhat's New?  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2011年12月にホテルニューアワジグループとして新たなる一歩を踏み
出した、神戸六甲アイランドに佇むランドマークホテル「神戸ベイシェ
ラトンホテル&タワーズ」。
こちらの“What's New?”では、シェラトンの最新ニュースをお届けさせ
て頂いています。
今月は、毎年、神戸の6ホテルが共同で行ってきたチャリティーイベント
と阪神ファン必見、甲子園球場グリーシート入場券がついたプランの案内
をさせて頂きます。

・神戸6ホテル「地産地消」グランシェフチャリティーランチ
12回目を迎える神戸の6ホテルが共同で行ってきたチャリティーイ
ベント。 今回は、東日本大震災からの復興への願いを込めて神戸6
ホテルのグランシェフが地産地消をテーマに、とっておきのランチを
つくりあげました。

   ⇒http://www.kotohira-kadan.jp/u.php?id=105

・阪神甲子園球場「グリーンシート(バックネット裏)」
 入場券付宿泊プラン!!
阪神甲子園球場で開催される、阪神タイガース公式戦の観戦チケッ
ト付宿泊プランです。
座席は垂涎のバックネット裏「グリーンシート下段」。それも前か
ら8段目の中央エリアに位置する大変見やすいお席です。阪神甲子
園球場での白熱の試合を間近でご体感ください。
   
   ⇒http://www.kotohira-kadan.jp/u.php?id=106

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■編集後記

最近話題のアベノミクス効果は残念ながら我が家には届いていないので
すが、少し贅沢をして家族で山形県蔵王温泉に今シーズン最後のスキーに
行って来ました。
私は2度目の蔵王温泉、と言っても前回訪れたのは20年以上も前の事で
当時の記憶も殆ど残っていないので、初めて同然でした。
残念ながら気温が高く、ゲレンデのコンディションは余り良い状態では無
かったのですが、それを補うのに十分な温泉の気持ち良さでした。
妻や子供達は早めにスキーを切り上げて温泉へ!
まるで湯治に来ている様でした。
私もスキーで疲れた身体を温泉で療養(?)その後は当然お酒を飲んで熟
睡と贅沢な時間を過ごす事が出来ました。
時間的にも信州方面へ車で行くよりも短い時間で済みますし、何より、長
時間の車の運転も無い!!
これは、私には非常に有り難かったです。
もし、アベノミクス効果が我が家にも訪れれば、来年は“樹氷”が見れる
時期に行きたいです。

それでは、今月はこの辺で。
また次号でお会いいたしましょう!

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜

※最後まで読んで頂きまして誠にありがとうございました。
※配信停止をご希望の場合は大変恐れ入りますがそのままご返信
くださいませ。

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜

編集:ホテルニューアワジグループ
インターネット予約センター
編集担当:木田清文
発行:株式会社 花壇
〒766-0001 香川県仲多度郡琴平町1241-5
TEL:0877-75-3232
FAX:0877-75-3235
琴平花壇ホームページ:http://www.kotohira-kadan.jp/
facebook: http://ja-jp.facebook.com/kotohirakadan
twitter: https://twitter.com/#!/Kotohirakadan

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜

こんぴら温泉郷の宿「琴平花壇」 〒766-0001香川県仲多度郡琴平町1241-5 TEL:0877-75-3232 FAX:0877-75-3235
Mailmagazine system : powered by メール配信CGI acmailer