讃岐路に春の訪れを告げる 〜金刀比羅宮「桜花祭」〜

金刀比羅宮_桜花祭_400×300.jpg

春、金刀比羅宮の境内ではソメイヨシノを中心に約3,500本の桜が花を咲かせます。
特に大門から約150メートルにわたって石畳が続く「桜馬場(さくらのばば)」は桜の名所として知られ、満開の桜がつくる薄桃色のアーチは壮観。
時期を追って枝垂れ桜や牡丹桜なども見頃を迎え、表参道・裏参道・神苑をゆっくり散策しながらのお花見が楽しめます。

そんな桜の見頃、金刀比羅宮では「桜花祭」が執り行われます。
桜の花を身に着けた神職と巫女が奏楽を伴い、行列をなして大門から御本宮までを参進します。本殿では雅な音色のなかで「大和舞」(やまとまい)「八少女舞」(やおとめまい)が奉納されます。

金刀比羅宮の優雅な神事を、桜とともにどうぞお楽しみください。

≪金刀比羅宮 桜花祭≫
■日時:2019年4月10日(水)
■住所:香川県仲多度郡琴平町892-1
■公式HP:http://www.konpira.or.jp/
■お問合せ:0877-75-2121(金刀比羅宮)
- | - | -