秋のこんぴら歌舞伎「坂東玉三郎特別公演」11月1日、開幕

秋のこんぴら歌舞伎「坂東玉三郎特別公演」が11月1日から始まります。
2006年の中村勘三郎さん襲名披露以来、6年ぶり4度目の秋の開催となります。

今回の公演は各日、1回2部構成で、午後3時に開演。
第1部は三味線や琴の音色に合わせ、玉三郎さんが地唄「雪」と「鐘ヶ岬」を舞います。
仏門に入った芸妓が恋人の思い出を回想する「雪」では、ライトに照らされる中、白い着物姿で優美に踊り、「鐘ヶ岬」では桜の花が舞い散る中、衣装の引き抜きを行うなど華やかな舞台。
第2部は、玉三郎さんが約10年前から演出を手がけ、現在、芸術監督も努める新潟の和太鼓集団・鼓童(こどう)の勇壮な演奏に合わせ、創作舞踏「いぶき」の初演となります。

≪坂東玉三郎特別公演≫

開催期間 平成24年11月1日(木)〜11日(日)千穐楽
開園時間 午後3時
 
       第一部 地唄二題
     
           一、雪
         
           二、鐘ヶ岬
         
       第二部 坂東玉三郎 × 鼓鐘
     
           三、いぶき

問合せ先
 『四国こんぴら歌舞伎大芝居』事務局
 香川県仲多度郡琴平町榎井817-10 琴平町役場内
 TEL:0877-75-6714
 【こんぴら歌舞伎オフィシャルサイト】

konpiradaishibai1.jpg    現存する日本最古の芝居小屋・旧金毘羅大芝居(金丸座)
トピックス | - | -

金刀比羅宮最大の祭事“例大祭”が始まります。

明日、10月9日(火)から11日(木)には金刀比羅宮の最大の祭事「例大祭」が行われます。
9日の午後4時から宵宮祭の「八少女舞」から始まり、翌10日の午後9時からは、江戸時代以前より続く「御神幸(おみゆき)」が行われます。
本宮から約2km離れた所にある御旅所までの「渡御」(とぎょ)では金色の御神輿(ごしんよ)・乗馬の男頭人・駕籠の女頭人を中心とした総勢約500名の豪華な神輿が行列します。
琴平では古くから「おさがり」と呼ばれ、沿道は数多くの奉拝者や見物客で賑わい、琴平花壇から金倉川を挟んで向かいにある“御旅所”に着くのは日付の変わる頃になります。
そして、深夜、御旅所では行宮着御祭(あんぐうちゃくぎょさい)が行われ、管弦の響きにつれ大和舞が奏進されます。
翌日の11日には金刀比羅宮特有の舞曲「金刀比羅舞」や「八少女舞」を奏進して、還幸祭(かんこうさい)が行われます。
「おさがり」は厳かな祭事の中にも勇壮さも備え、日本の伝統を感じられる儀式です。
今年は、昨年と違い平日での開催となりますので、平日限定のお得なプランもご利用頂けますので、金刀比羅宮、最大の祭事を琴平花壇でご覧下さい。

≪金刀比羅宮 例大祭≫
 期間:2011年10月9日(火)〜11日(木)
 問合せ先:金刀比羅宮社務所
 筺0877-75-2121)

2012.10.06_reitaisai400.300.jpg
トピックス | - | -

こんぴら石段マラソン

今日は秋晴れ
石段マラソンには最高に良い日です。
男性は金刀比羅宮奥社、女性はご本宮が折返し地点となります。
10時に花火が打ち上げられたと思いきや・・・走ってきました
24.10.7-1.jpg
24.10.7-2.jpg
琴平の中学生も頑張っていますよ
24.10.7-4.jpg
さぁ〜今から石段を駆けあがります・・・頑張れ〜!
24.10.7-3.jpg
今年の参加人数529名
一番早い男性の方のタイムは30分だったそうです。
頑張って走っている姿は良いですね・・・元気が出ます。
花夢日記 | - | -