監督は銀行員!映画「猫と電車」先行上映

地元ローカル電車「高松琴平電気鉄道」(ことでん)の開業100周年を記念し、全編香川県で撮影した自主製作映画「猫と電車」の先行上映が8月25日から9月7日まで、高松市亀井町のソレイユ・2で始まりました。
主演は篠原ともえさんですが、出演者、スタッフの大半が香川在住か出身者で占められています。監督の香西志帆さんはじめての長編映画で普段は銀行に勤めているOLです。
篠原ともえさん演じる主人公は幼いころから空想好きで、自称キャラクター作家の29歳の女性。居候していた友人宅を出ていかざるを得なくなったり、全財産をスリ被害にあったり、公園にお城のようにデコられた段ボールハウスを作って住みはじめたりと逆境に見舞われながらも人との出会いを通じて成長する様子や家族の絆などを描いた作品です。
10月に香川で先行上映される金子修介監督の「百年の時計」と今年から来年にかけて、香川が舞台の映画上映が続きます。
私たちにとっては見慣れた風景が登場するので楽しめますし、香川を訪れた事のない方にとっては、町の雰囲気を感じて頂けるのでお奨めです。

「猫と電車」先行上映
場所:高松ソレイユ・2
   香川県高松市亀井町10-10
   筺087-861-3302
上映期間:2012年8月25日〜9月7日
     ※全国公開は来年5月の予定
【公式HPページ】

観光(ことでん2).jpg     地元の人の愛されるローカル電車“ことでん”
トピックス | - | -