秋の彩りを楽しめる紅葉狩りスポット

大窪寺 紅葉
秋の楽しみ方は数多くございますが、紅葉狩りはこの時期しか楽しめない代表的なものではないでしょうか。
金刀比羅宮でも11月中旬になると参道が色づき始めて、お子様からお年寄りまで楽しんでいる姿をよく見かけるものです。香川県には、金刀比羅宮の他にも素晴らしい紅葉狩りスポットがございますので見頃と併せて数点ご紹介させていただきます。

●大窪寺
標高776mの女体山の麓に建つ、四国霊場第88番札所、結願の寺。
大木のカエデとイチョウが鮮やかな原色に染まり、幻想的な雰囲気
を楽しむことができます。
[見頃]:10月下旬〜11月中旬
[住所]:香川県さぬき市多和兼割96

●柏原渓谷
綾川の上流、約7kmの渓谷。“水源の森百選”や“さぬきの名水”
にも選ばれるほど水が美しく、奇岩怪岩と清流が織りなす美しい
景観に鮮やかな紅葉が見事に調和します。
[見頃]:11月上旬〜11月下旬
[住所]:香川県綾歌郡綾川町枌所東柏原

●特別名勝 栗林公園
日本を代表する大名庭園として国内外から高い評価を得ており、
紅葉の頃はひときわ美しく、ライトアップ時には昼とは違った
幻想的な庭園美を味わうことができます。
[見頃]:11月中旬〜12月上旬
※ライトアップ期間 2016年11月19日(土)〜28日(月)
[住所]:香川県高松市栗林町1-20-16

間もなく始まる紅葉狩りシーズン、今年はどこに行こうかとお探しの方へ。
秋色に染まる香川・琴平に是非お越しくださいませ。

【琴平花壇 空室カレンダー】
トピックス | - | -

「瀬戸内国際芸術祭2016」いよいよ秋会期が開催

瀬戸芸秋
12の島と2つの港で繰り広げられている「瀬戸内国際芸術祭2016」も残すところ10月8日(土)から開催される秋会期のみとなりました。夏会期までメイン舞台だった東の島々に、本島・高見島・粟島・伊吹島の西の島々も加わり、ますます面白くなっていきます。ここから加わる西の島々の作品の中から、注目を集めているものや気になるものをご紹介させていただきます。

本島(ほんじま)では5色に染めた漁網を漁師や島の人と編んだ「そらあみ<島巡り>」が空に向かって波打ち際にそびえ立ちます。春会期に沙弥島(しゃみじま)で展示されていた漁網と本島で作られたものがつなぎあわされ、刻一刻と変化する海の様子を網越しに眺めることができる海との調和が美しい作品です。

粟島(あわじま)では使われなくなった郵便局を一部改装した「漂流郵便局」が開局。宛先の分からない故人や昔の恋人、未来の子供たちへ・・・届かない想いを受け止めてくれる素敵な郵便局です。訪問者はそれらの手紙を読むことができ、自分宛の手紙だと感じれば、持って帰ることのできる仕組みになっています。

伊吹島(いぶきじま)では旧伊吹小学校で展示されている「沈まぬ船」に圧倒されます。漁網や浮きなどの漁道具や生活用品を素材に、魚の群れや海の中をイメージした立体作品で、とりわけ島の人たちや小中学生らが携わった作品を彩る約6万個あるカラフルな浮きは圧巻です。

作品総数206点にもおよぶ瀬戸内国際芸術祭のアート群。
琴平花壇では開催期間中、特別プランをご用意しておりますので
アート巡りの拠点に是非ご利用くださいませ。
【Art Trip】瀬戸内国際芸術祭2016&アート巡り

≪瀬戸内国際芸術祭2016 秋会期≫
■期 間:10月8日(土)〜11月6日(日)の30日間
■問合せ:瀬戸内国際芸術祭実行委員会事務局 TEL:087-813-0853
■公式HP:http://setouchi-artfest.jp/
トピックス | - | -

鮮やかな花のパレット“まんのう公園コスモスフェスタ”

400px.jpg
厳しい暑さも和らぎ、お出掛けにはちょうど良い季節になりました。
そんな秋にピッタリのイベント“コスモスフェスタ”が9月10日(土)から国営讃岐まんのう公園で開催されます。

9月は黄色やオレンジ色のキバナコスモス、10月中旬には白やピンク色のコスモス、10月下旬には淡い色のキャンパス系の品種など時期によって15品種40万本のコスモスが彩りを変えて咲き誇ります。
また、期間中は週末を中心にコスモスを題材とした楽しい体験教室などのイベントも開催されます。

≪国営讃岐まんのう公園 コスモスフェスタ≫
期 間 9月10日(土)〜11月3日(木)
時 間 9:30〜17:00 (11月は9:30〜16:30)
入園料 大人410円(65歳以上210円) 子供80円
休園日 11月1日(火)
問合せ まんのう公園管理センター TEL:0877-79-1700
詳しくは国営讃岐まんのう公園のHPをご覧くださいませ。

色とりどりのコスモスの花々を見れば、気分は一気に秋モードへ。
コスモス観賞を楽しんだ後は、琴平花壇で美味しい食事と温泉三昧。
さあ、ご家族そろって“秋”を迎えに出掛けませんか。

【琴平花壇 空室カレンダー】
トピックス | - | -

琴平町で8月15日「灯ろう流し」が行われます

灯ろう流し
いよいよ夏本番。夏はお祭りや花火大会でイベントが目白押しですね。琴平花壇の近郊でも様々な催しが行われる予定となっています。
中でも是非おすすめしたいのは、琴平花壇の目の前を流れる金倉川が舞台となる「灯ろう流し」です。祈りが込められた「灯ろう流し」は、お盆の時期にお迎えしたご先祖様を再び送り帰す"送り火"の一種で、古くから行われてきた日本の伝統行事の一つです。
琴平町でも平和を祈るため8月15日の終戦記念日に行われており、先祖を思う気持ちや命を大切にしたい気持ちが灯ろうと共に受け継がれ、今年で48回目を迎えます。地元の人達が主体となった催しですが、どなたでも眺めを楽しむことや参加することが可能です。

川面を流れる灯ろうの明かりがゆらゆらと水面に反射し、幻想的で美しい風景が琴平の街に広がります。夜空に舞う花火はもちろんですが、川面に浮かぶ幻想的な光も風情があり心に沁みるものがあります。
是非、いつもと違う琴平へお越しくださいませ。

≪灯ろう流し≫
場  所:金倉川/一之橋公園(琴平花壇より徒歩8分)
受  付:18:30〜   
式  典:19:30〜
作文朗読:19:50〜 小学生による朗読
流  灯:20:00〜
◎当日は、灯ろうを1セット500円で購入いただけます
※雨天の場合は翌日に順延
トピックス | - | -

琴平花壇でアートに触れる「長生殿」見学会

長生殿見学会
今年は「瀬戸内国際芸術祭2016」を始め、数々のアートイベントが各地で開催されています。琴平花壇でも「瀬戸内国際芸術祭2016」夏会期の開始に合わせて2週間、日本の伝統建築である数寄屋造り『長生殿』を公開させて頂きます。

数寄屋造りとは安土桃山時代に出現した数寄屋と呼ばれる茶室が原点であり、それまでの武家の権力を目に見える形に表現した形式ばった書院造りに対し、自由な発想で自然との調和を取り入れた日本の代表的な建築様式です。
琴平花壇のシンボル的な純和風庭園の中に佇む3つの数寄屋造りには森鴎外・北原白秋・与謝野晶子をはじめとする文人墨客も金刀比羅参拝の際に逗留し、鮮やかに季節を告げる庭を眺めて創作に思いを馳せていました。

今回は3つの数寄屋造りの中で最も格式高い『長生殿』を公開。
普段触れる機会が少なくなった古き良き日本の文化を感じて頂ければと思います。期間中は16時から17時までお抹茶と和三盆をご用意しておりますので是非お立ち寄りくださいませ。

■期間 2016年7月18日(月)〜2016年7月30日(土)

■公開時間 15:00〜18:00

■展示物
・森鴎外 宿泊日の当時の新聞コピー
・与謝野晶子 宿帳
・吉井勇 宿帳
・井伏鱒二の絵画など
トピックス | - | -

梅雨の風情「あじさい」を見に出かけませんか?

あじさいまつり2016年
ここ香川県も梅雨入りを迎え、ついつい出掛けるのが億劫になりますが、この時期だけ楽しめる花「あじさいの観賞」はいかがでしょうか。
琴平花壇より車で15分の国営讃岐まんのう公園で6月11日(土)から「あじさいまつり」が開催されています。週末にはあじさいをテーマにした特別体験教室やイベントも開催されますので梅雨の合間のお出かけにお勧めです。

40品種2万株の色鮮やかなあじさい達を眺めると暗鬱した気分も吹き飛びます。雨の中、傘をさしながらの「あじさい観賞」も風情がありますよね。

≪まんのう公園 あじさいまつり≫

期間 6月11日(土)〜7月3日(日)
時間 開園9時30分〜17時
料金 大人410円、小中学生80円、駐車料310円(普通車)
    ※イベント・体験教室は別途料金がかかる場合があります。
問合せ先 まんのう公園管理センター
     TEL:0877-79-1700

詳しくは国営讃岐まんのう公園のHPをご覧くださいませ。
トピックス | - | -

【限定3,000枚】こんぴら温泉郷ふるさと旅行券 2016

こんぴら温泉郷ふるさと旅行券
ご好評につき今年も2016年6月15日から2016年12月28日まで、ことぴら温泉郷10施設でご利用頂ける「こんぴら温泉郷ふるさと旅行券」が3,000枚限定で販売されます。
10,000円分の旅行券を8,000円で購入できる大変お得な券で、お手軽に全国(香川県を除く)の大手コンビニエンスストアにて購入可能です。早い者勝ちとなりますので、ぜひご購入ください!

『こんぴら温泉郷ふるさと旅行券』
■販売期間
・2016年6月15日(水)午前10時〜2016年12月28日(水)
※期間に関係なく完売の場合は終了

■利用可能期間
・2016年6月15日(水)〜2016年12月28日(水)に宿泊
※除外日:
・2016年8月10日(水)〜8月13日(土)に宿泊
・2016年9月17日(土)〜9月18日(日)に宿泊
・2016年10月8日(土)〜10月9日(日)に宿泊

■販売場所
全国(香川県を除く)の大手コンビニエンスストアで販売
商品番号:0243136

■利用条件
・10,000円以上の(注1)サービスプランに対してご利用頂けます
※現金との引き換えや釣銭の支払いは不可
・お一人様4枚限りのご購入
※1泊につき2枚までご利用可
(注1)サービスプラン:
宿泊料金の他に宿泊に伴なう飲食及び宿泊に付随するサービス・
物品購入を指す。一部除外あり。

■お問い合わせ先
0877-75-3232(お宿代表番号)

詳しい条件等については下記、公式ページをご覧くださいませ。

【こんぴら温泉郷ふるさと旅行券 公式ページ】
http://www.kotohirakankou.jp/navi/entry-119.html
トピックス | - | -

スマートフォンで琴平観光をもっと楽しく!

ぶらりこんぴらAR
ところで皆様、最近注目を浴びつつあるAR(拡張現実)というものをご存知でしょうか。
簡単に申しますと「コンピュータにより拡張された現実環境」だそうで???
つまり、例えばスマートフォンカメラでその場所を見ると昔の風景が重ねて表示されるといったように、現実に付加された世界を指すそうです。

ここ琴平町でもARを使った新しい楽しみ方ができるようになりました。香川県琴平町から配布されたスマートフォンアプリ、その名も「ぶらりこんぴらAR」。
このアプリを使えば、カメラ越しに江戸時代の古き良き時代が現実世界と重なります。特に旧金毘羅大芝居(金丸座)では館内の説明と共に数々のARをお楽しみいただけます。

アプリから流れる金比羅舟々を聴けば、テンションが上がること請け合い。これを期にスマートフォン片手に琴平の街並みを歩かれてはいかがでしょうか。
こんぴら船々♪ 追い手に帆かけて♪ シュラシュシュシュ〜♪


▼ ダウンロードはこちらから

Android の方はこちら

iPhone の方はこちら
トピックス | - | -

今年も出発!“ほたる鑑賞バス”

ホタル2016
初夏の風物詩“ほたる”を鑑賞しませんか。
この時期、琴平町の隣にあるまんのう町「ほたる見公園」では、ほたる鑑賞をお楽しみ頂けます。それに合わせて6月12日(日)までの間、琴平町の各お宿から「ほたる鑑賞バス」が運行されます。
ほたるの光が作り出す幻想的な空間に子供たちは心が躍り、大人たちはノスタルジアに浸る。ぜひそんな思い出作りにご利用くださいませ。

『ほたる鑑賞バス』
■日程:2016年5月28日(土)〜6月12日(日)
■参加人数:2名様以上
■出発時間:琴平花壇 20時00分出発(所要時間:約1時間)
※ご夕食は18時スタート
■旅行企画/実施:琴平バス株式会社
■料金:
  大人(中学生以上)  1,000円
  子供(3歳〜小学生) 500円
■予約 Tel:0877-75-3232(お宿代表番号)
※参加をご希望の場合は当日の18時までにご予約ください
※ご予約時、満席の場合がございます
※天候により運行されない場合はご容赦ください
※お子様のみのご予約はお断りしております
トピックス | - | -

第三回「瀬戸内国際芸術祭2016」夏会期がいよいよ開催

瀬戸内海に浮かぶ香川県の島々を舞台に繰り広げられるアーティ
ストの祭典「瀬戸内国際芸術祭」が三年ぶりに開催中。2013年に
は100万人の来場者を記録した同イベントも2016年の春会期が終
了し、7月からは夏会期が始まろうとしています。

小豆島ではアートノショーターミナルではコシノジュンコのファ
ッション作品展示や、現代アートの聖地・直島では赤かぼちゃの
オブジェなど、それぞれの島で個性豊かなアート作品を楽しむこ
とができる本イベント。

7月18日(月・祝)からスタートする夏会期には、高松港周辺でア
ジアのものづくりやパフォーマンス、食が集結する「瀬戸内アジ
ア村」をはじめ、演劇の鑑賞と食をあわせた「讃岐の晩餐会」な
ど、内容もさらに充実します。

是非この機会に世界のアートに触れてみてはいかがでしょうか。

琴平花壇では、「芸術祭作品鑑賞パスポート」をご提示頂くと
和三盆菓子をプレゼントさせて頂く期間限定の特別プランを
販売しております。
詳しくは下記ページよりご確認くださいませ。

【Art Trip】瀬戸内国際芸術祭2016&アート巡り


■瀬戸内国際芸術祭2016

春会期 2016年3月20日(日・祝)〜4月17日(日)の29日間
夏会期 2016年7月18日(月・祝)〜9月4日(日)の49日間
秋会期 2016年10月8日(土)〜11月6日(日)の30日間

お問合せ先:瀬戸内国際芸術祭実行委員会事務局
〒760-0019 香川県高松市サンポート1番1号
高松旅客ターミナルビル3F TEL 087-813-0853
公式HP:http://setouchi-artfest.jp/

瀬戸内国際芸術祭2016_2
トピックス | - | -